インテリア資格、インテリアデザイナーニュース

  1. インテリアについて
  2. 335 view

おしゃれな部屋になるインテリアコーディネートのコツ

interia

おしゃれな部屋にしたい、インテリアん興味ある、でもどうして良いかわからない、部屋が散らかって見えるなど、部屋づくりに悩んでいる人でも、簡単におしゃれな部屋になりインテリアコーディネートのコツをお伝えします。

部屋で1番目に着くところに注目

片付けても、散らかっているように見えるときありませんか?そこで、真っ先にやってほしいことは、部屋に入ったときに一番最初に目に着くところを片付けてみましょう。部屋に入った瞬間、目の前に物が入っている棚だと、どれだけ片付いていても、散らかった部屋に見えてしまいます。そこで、目線の高さの段を空にして観葉植物がお気に入りの雑貨を飾ることで、すっきりとした印象に変わってきます。特に玄関は重要な場所で、散らばっている靴は絶対に靴箱へ。玄関がキレイな部屋は良い運気が来るとも風水的にも良いイメージがあります。

フォーカルポイントを使う

フォーカルポイントとは、焦点という意味です。例えれば、よくある海外のインテリアであればリビングにある大きな暖炉はフォーカルポイントになります。フォーカルポイントは部屋に入った瞬間や、椅子に座っているときに1番視線の行く場所に設置するのがコツです。簡単にフォーカルポイントを作るには、絵やグリーンを置くことです。絵の場合はインテリアに対してのアクセントカラーになるものがベストです。1つ注意点は、フォーカルポイントの先に散らかったものが見えると、せっかくのフォーカルポイントが台無しになってしまいます。

余計なものを置かない

おしゃれな部屋にするには、余計な物を置かないことは鉄則です。まずは、ゴミの片づけから始めましょう。使わないものや、使っていないものは捨ててしまうことをおすすめします。片付けの方法も色々あるので自分に合う続けられう片付け方を見つけることも必要です。また、収納にも気をつけましょう。とりあえずで収納した物は、また片付けられず出てきてしまいます。

部屋のコンセプトを決める

片付けが終われば、部屋のコンセプトを決めていきましょう。雑誌やモデルハウスのようなおしゃれな部屋にはコンセプトが決められています。あなたの部屋がおしゃれじゃないと感じる場合は、家具のコーディネートがバラバラだからです。コンセプトを決め、それに合わしたテイストの家具を揃えることで、おしゃれな部屋に大きく近づきます。コンセプトの見つけ方は、雑誌やネットの画像検索や、家具のカタログからあなたの好みをピックアップしておきましょう。

色を上手く使う

コンセプトが決まれば、コンセプトにあったインテリアの色を決めると、まとまったコーディネートができます。色のチョイスだけで部屋のイメージは大きく変わってきます。部屋の色を決めるには大きく分けて3つ。ベースカラー、テーマカラー、アクセントカラーを7:2.5:0.5の割合で色を決めていきます。また、基本的には同系色、類似色、同トーン、反対色の組み合わせから決めていきます。

照明をうまく使う

照明はインテリアカラーと同じぐらい大事なポイントです。部屋の用途によって明かりの色や明るさ、照明のデザインが変わってきます。最近では光の強さや色味を調整できる照明も販売されており、ひとつの部屋を複数の用途で使う場合はこのような照明を取り入れることもコツです。

インテリアについての最近記事

  1. インテリアクッションの特徴

  2. インテリアの意味と歴史

  3. モダンインテリアで大人の空間づくりを

  4. インテリアのコンセプト

  5. 子供部屋のインテリアするコツ

関連記事

インテリアデザイナー関連リンク

PAGE TOP