インテリア資格、インテリアデザイナーニュース

  1. インテリアについて
  2. 14 view

おしゃれな部屋をつくるインテリア

失敗しないインテリアデザイナーのおすすめ通信講座!

おしゃれな部屋づくりはむずかしいと思われますが、じつはインテリアを決めることで簡単にできます。おしゃれな空間づくりのポイントを整理していきましょう。

おしゃれな部屋には基本のインテリア

快適でおしゃれな空間にするには、基本のインテリアを知っておく必要があります。基本となる3つのポイントをチェックしてみましょう。1つめは「家具は低め」がベターです。高い家具ばかりの部屋だと、圧迫感を感じやすく、リラックス空間からかけ離れてしますことがあります。高い家具が必要であれば、多くても1~2つに絞り、自分の身長よりも背の低い家具を選ぶことをおすすめします。2つめはナチュラルカラー+αのポイントで自然な快適空間になります。ホワイトやブラウンなどをベースカラーにして、+αとして好きな色をポイントとして入れることでカラーバランスの良いインテリアが完成します。ナチュラルカラーに+αは、目に優しいおしゃれな空間をイメージさせます。3つめは照明のカラートーンです。ナチュラルカラーに「寒色系」のライトを組み合わせることで柔らかい自然な落ち着く空間を演出できます。逆に「暖色系」のライトを組み合わせると部屋のイメージが引き立ち、いきいきとした空間を演出できます。また照明器具により部屋の雰囲気も変わってきます。和風、北欧、ヴィンテージなど自分の部屋のインテリアに合わすことで、より一体感のあるインテリアになります。

アイテムを取り入れるだけでおしゃれな部屋になるインテリア

おしゃれにするのはテクニックだけではなく、アイテムを取り入れるだけでもおしゃれな部屋になります。その1つがフロアラグ。部屋の空間が寂しいな。と感じる方におすすめです。床を見せることはインテリア空間を広く見せるポイントですが、そこにワンポイントとなるフロアラグを敷くことで、空間がグッとしまります。2つめが間接照明。間接照明は空間を照らすだけではなく、おしゃれなインテリアアイテムとしても効果があります。小さな照明を複数並べるだけで、インテリアオブジェのようなディスプレイができます。3つめはファブリックパネルです。ファブリックパネルとは木製のパネルに布が取り付けられたもので、北欧のインテリアのデコレーションアイテムでもあります。サイズや柄、カラーが様々存在し部屋に合ったものを見つけやすくあります。壁に立てかけるだけもおしゃれなインテリアアイテムとして活躍してくれます。4つめに観葉植物です。インテリアのテイストを問わず取り入れやすく、おしゃれの感じも出しやすいアイテムです。空間の空きが目立つ場所には葉の大きなものを置き空間を埋めたり、小さな植木を窓辺に複数並べたり、植物を吊るして楽しむのもおしゃれな部屋にづくりにもってこいですね。5つめはアロマディフューザー。アロマオイルなどが入ったボトルの中に藤などのスティックを入れて部屋にアロマの香りをプラスしてくれるインテリアアイテムです。香りの強さはスティックの数で調整できたり、アロマを変えることで、部屋の雰囲気も変わります。デスクやチェストの上の殺風景になりやすい部分に取り入れるだけでおしゃれなイメージを持つことができます。

インテリアについての最近記事

  1. インテリアクッションの特徴

  2. インテリアの意味と歴史

  3. モダンインテリアで大人の空間づくりを

  4. インテリアのコンセプト

  5. 子供部屋のインテリアするコツ

関連記事

インテリアデザイナー関連リンク

PAGE TOP