インテリア資格、インテリアデザイナーニュース

  1. インテリアについて
  2. 7 view

インテリアを工夫する3つのコツ

失敗しないインテリアデザイナーのおすすめ通信講座!

はじめての一人暮らしや、引越しをしたとき、部屋の模様替えのときなど、どのように家具を置けば良いのか悩みますよね。家具の置き方の工夫次第でインテリアの印象はかなり変わります。インテリアにはレイアウトの基本的なルールがあります。それを知っているか知らないかで、快適さが大きく違います。限られたスペースの中インテリアを工夫することで、広々とした住空間にするための基本的な「動線」「視線」「空間」の3つのポイントを紹介していきます。

人の移動を考える動線

快適な住空間になるかは、移動が簡単にできるかどうかがポイントです。家具のインテリアは目的の場所まで最短距離でスムーズに行けること、動線を考えて工夫します。家具と家具の間が狭かったり、あちこち回らないと目的の動作ができないのはイライラする原因になります。人が通るのに必要なスペースは横向きで45cm、正面を向いて通るには55~60cm、2人がすれ違う場合は110~120cmが必要です。また、レイアウトするときには、人が楽に通れる通路になるスペース、人がすれ違ってもぶつからないぐらいのスペース、椅子を引いたときに後ろのガベにぶつからないスペース、立つ・座るなどの生活動作が自然に行えるスペースなどを考え、インテリアを工夫しましょう。

視線が抜ける場所を作り広々と見せる

ソファーに座ったときに目の前が壁だったり、部屋に入ったときに間仕切り壁が目に入り視線が遮られると部屋が窮屈に見えてしまいます。逆に、座ったときや、部屋に入ったとき、視線が抜ける工夫があれば、部屋も広く感じ、落ち着いた雰囲気を作れます。また、家具の高さが低いものであれば、視線が抜けるので実際よりも空間が広く感じます。背が高いものを置きたのであれば壁際や隅に置くことで圧迫感が軽減します。また食卓ではシンクのごちゃごちゃした雰囲気は、落ち着かない空間になります。テーブルの向きを変えるなどして、視線がシンクに行かないようにすることインテリアの工夫の1つです。

空間は家具を工夫してレイアウトしてスペースを確保する

狭い部屋に家具を置くと、圧迫感を感じます。しかし、広い部屋に家具が少しだけというのは、殺風景で不安な感じがあります。基本的には部屋の広さに対して家具は3分の1程度。6畳ほどの部屋であれば、家具は2畳分程度ということです。狭い部屋に広がりを見せるには、まとまったすスペースが必要です。床の見え方1つで部屋は広く感じます。そのため家具は壁際にまとめてレイアウトする。最低限必要な家具だけを使うと考え、家具の面積を少なくすることが考えられます。インテリア家具が目線よりも低い高さのものに統一することで、部屋の空間が広く感じます。それに景色を見通せる空間を作れば、より空間が広く見えるプラス効果が生まれ、より一層広さのある部屋作りができます。また、同じような機能であってもレイアウトにより、違うイメージやスペースづくりもできます。デッドスペースをなくして、使いやすいインテリアになれば、気持ちにも余裕が生まれます。さらに奥行きのない家具を選ぶことで、部屋の広さを確保することも可能です。部屋全体のインテリアを考えながら、家具の大きさや形状なども一緒に工夫することで快適な空間が生まれます。

インテリアについての最近記事

  1. インテリアクッションの特徴

  2. インテリアの意味と歴史

  3. モダンインテリアで大人の空間づくりを

  4. インテリアのコンセプト

  5. 子供部屋のインテリアするコツ

関連記事

インテリアデザイナー関連リンク

PAGE TOP