インテリア資格、インテリアデザイナーニュース

  1. インテリアについて
  2. 240 view

一人暮らしのベッドインテリアの配置

失敗しないインテリアデザイナーのおすすめ通信講座!

一人暮らしのワンルームで悩む配置といえばベッドではないでしょうか。ワンルームであればベッドの配置がインテリアの全てといっても過言ではありません。中心に置くのがいいのか、壁際や窓際に配置するほうがいいのか。ベッドの配置を考えるときの参考になりそうなアイデアを紹介していきます。

窓に向かって垂直に配置

ベッドを窓際に置くときには、窓との位置関係がには悩みます。まず、窓に向かって垂直配置するインテリアです。この配置のメリットは、窓やベランダへの経路を塞ぐことなく、光も程よく取り入れれます。ワンルームであれば入り口から窓・ベランダまでも動線も一直線になり使いやすい部屋になります。この配置であれば枕元は窓際になり、朝も日差しも感じることができます。

窓に向かって水平に配置

窓・ベランダ際に配置する方法としてもう1つ、ベッドを平行にして配置するインテリアです。ワンルームであれば、部屋の入口側に空間を作り、奥の窓際にはプライベート空間という区別ができます。友達も招きやすく、朝日をたっぷり感じながら目覚めることもできますね。手前の空間が正方形に近い四角になるのでインテリアもしやすくなっています。すこし広ければ、ソファを配置しても十分に広い部屋に感じることができます。

部屋の真ん中に配置

ベッドを窓際から離し部屋の真ん中に配置することで、ホテルのようなインテリアになります。贅沢でゴージャスな雰囲気にもなりますよね。窓が二方向ある場合は光を中心で受けるため、気持ちのいい部屋になります。普段の生活で使うテレビボードなどは部屋の奥側に配置することで、入り口がスッキリするため部屋も広く感じます。また、ベッドの高さが低いものでされば天井が高く見え、より部屋が広く見えます。

ベッドの配置は頭の位置を気をつける

ベッドの配置で一番気をつけたいことは、どこが過ごしやすい位置か。ということです。エアコンの風や窓の隙間風、水廻りの流水音やろうかの音などさまざまな影響を考慮し、ベッドの頭の位置を決めることから始めます。就寝時には、体からの放熱によって壁には結露が発生することもあります。そのため湿度対策は必要になります。また、窓際の場合は、外部の空気で冷やされるため体が冷えることもあります。快適に眠れる環境を最優先にして、ベッドの配置を考えていきましょう。

ベッドをメインとしたら、他のインテリアは最小限にする

ベッドをメインにしているのに、大きなテーブルや収納を配置してしまうと部屋に圧迫感が出てしまい、狭くて居心地の悪い部屋になってしまいます。それを避けるためにもメインとなるベッドを基調とした部屋づくりが大切となってきます。また、家具が多いことで部屋の掃除もしにくくなります。ベッドの下の収納もデッドスペースとし有効活用されていますが、ベッドしたのスペースは外からの光が反射する場所でもあって、決してデッドスペースではありません。また、ベッドまわりのスペースが狭ければ窮屈感が生まれてしまします。ベッドインテリアを上手く配置するのであれば、不必要なインテリアは処分し、できるだけ他のインテリアも最小限に押さえることで部屋はスッキリし統一感の生まれた空間になります。

インテリアについての最近記事

  1. インテリアクッションの特徴

  2. インテリアの意味と歴史

  3. モダンインテリアで大人の空間づくりを

  4. インテリアのコンセプト

  5. 子供部屋のインテリアするコツ

関連記事

インテリアデザイナー関連リンク

PAGE TOP