インテリア資格、インテリアデザイナーニュース

  1. インテリアについて
  2. 46 view

今人気のインテリアのスタイルの種類

インテリアにはどんなスタイルがあるか知っていますか?部屋づくりの第一歩はスタイルの種類を知って、そんなインテリアにしたいかを決めることです。これを決めることで、部屋づくりがしやすくなります。是非参考に部屋作りをしてみてください。

基本的なスタイル

モダンスタイル
モダンスタイルの特徴は、デザイン性の高い家具が使われていることです。ガラス、メタルなどクールな印象の素材が多くあります。モノトーンやモノクロームがメインで、色や柄はほとんど使われることはありません。アクセントにビビット系のカラーを1、2色使うことが稀にある程度です。生活感がなく、直線的なイメージのインテリアです。

シンプルスタイル
素朴で単純な飾りっ気のないというイメージのあるシンプルスタイルです。カラフルな色は基本的に使わず、装飾もあまりありません。クールなモダンスタイルと違い、心地の良い自然的な雰囲気が特徴です。

ナチュラルスタイル
ナチュラルスタイルは木、柄雨s、ファブリック、石など自然の素材をふんだんに使ったスタイルです。代表的なイメージには無印良品の家具があります。色合いもベージュやブラウンに観葉植物のグリーンをプラスした明るい印象で、癒やしの空間というイメージです。

個性的なスタイル

男前インテリア
男前インテリアとは、黒を基調とした、男らしい無骨さとアメリカンヴィンテージ感を掛け合わしたインテリアスタイルです。さびたペンキや使い古した感じ、セメントやレンガといった素材感が男っぽいイメージを演出しています。

塩系インテリア
男前インテリアとは違い、肌が白い、色素が薄いという塩系の男子をイメージさせるようなスタイルです。白を基調と、薄いカラーでインテリアを作っていくことがポイントです。少ししゃビーなレンガ調や、無機質なホワイト系、グレー系のカラーを中心にしてまとめることと、生活感をなくすことで、おしゃれな塩系スタイルになります。

ブルックリンスタイル
ニューヨークにあるブルックリン地区をイメージしたインテリアです。もともとは貧困層の街でしたが、最近ではアーティストやクリエイターが集まるような街にあんり、おしゃれなショップやギャラリーが増えてきました。具体的には、ヴィンテージ感と最新のアーティスティックな感じがミックスされた、気取らないスタイルです。ステンレスやブリキなどのインダストリアルな金属製の物を取り入れることで、グッと雰囲気が出てきます。

カフェ風インテリア
部屋でくつろぐ時間や、友達と一緒に楽しく過ごす時間は人生の中でも大切な時間です。そんな時間を快適にすごすためのカフェのようなスタイル。それがカフェ風インテリアです。グリーンや黒板、フォトフレーム、間接照明、天然木のテーブルなどを使い、非日常なインテリアを演出します。

カラフルインテリア
華やかで、ポップな色を多く使った美しさもあるスタイルをカラフルインテリアといいます。そこにいるだけでも明るい気分になれる元気のいいスタイルです。アクセントクロスソファなど、面積の大きい家具には原色のキャンディーカラーを使うことがおすすめです。小物もデザイン性の高いものであれば、楽しさも倍増してきます。

インテリアについての最近記事

  1. インテリアクッションの特徴

  2. インテリアの意味と歴史

  3. モダンインテリアで大人の空間づくりを

  4. インテリアのコンセプト

  5. 子供部屋のインテリアするコツ

関連記事

インテリアデザイナー関連リンク

PAGE TOP