インテリア資格、インテリアデザイナーニュース

  1. インテリアについて
  2. 6 view

子供部屋のインテリアするコツ

コミュニケーション能力

子供部屋は、勉強や遊び、趣味そして睡眠とさまざまな役割があります。そのため机や収納家具、ベッドなどと、いくつかの家具を設置することになります。そのためスペースに余裕がなくなることがあるります。そんな子供部屋のインテリアを上手くできるコツを紹介します。

子供部屋のインテリアで考えたいこと

インテリアするコツの前に、子供部屋のメリットと、子供部屋を与えるタイミングについて考えていきましょう。子供部屋があるメリットとしては何でしょうか?ひとつは子供のプライバシーを守ることです。成長するにつれて、子供のプライバシーを尊重する必要があります。子供であっても家の中でひとりになりたい。と思う瞬間もあります。子供が親の目を気にせず、リラックスして好きなことを楽しんだり、読書したりできる空間として子供部屋は必要となってきます。ふたつめは独立心、自立心を生み出すためです。子供部屋を持たすことで、自分の部屋を管理するようになります。これが、子供の独立心、自立心を育てます。子供部屋を持つことは心を成長させていきます。みっつめは整理整頓の習慣がつきます。子供にとって部屋を綺麗にしておくことは少し難しいですが、親や周りの人に教えられ自分の部屋を片付けることで、生活の基本的な整理整頓の能力が習慣化されていきます。

子供部屋を用意するタイミングは、自分で決めたことを自分で達成したいという自立心が芽生えてくる10歳ごろです。このタイミングで子供は何でも自分でしたいと、周りの色々なものに興味を持ち始めます。

子ども部屋のインテリアのコツ

子供部屋は広さが限られており、置かなくてはいけない家具も多くあります。そのためインテリアを上手に利用する必要があります。ひとつめのポイントとしては、机やベッドのサイズ選びは測ってきめましょう。いざ設置して少し大きい。なんてこともあります。机もベッドも収納家具もサイズは色々あります。部屋の多い差にあうものを購入しましょう。ふたつめは部屋が広く感じられるインテリアにすることです。壁に家具をつけて部屋の中心をなるべく広く空けるようにしましょう。床の部分を大きく見せたり、まとまったスペースを作ることで、実際よりも部屋が大きく見えます。みっつめは成長に応じて選んでください。成長につれて好みも変わってきます。子供っぽいデザインだとすぐに飽きてしまうかもしれないので、今だけではなく将来のことまで考えて家具を選んであげてください。

勉強に集中できる部屋

子供部屋には遊ぶものやベッドなど誘惑が多い場所です。そのためリビングで勉強する子供も少なくはありません。しかし、勉強に集中できるような子供部屋にすればリビングよりも集中できる部屋になります。そのためには、まずは学習机の位置を決めましょう。一番いいのは部屋の角。外の見えない正面が壁であることがベストです。また、机の後ろにドアがあると集中できないこともあるので部屋の状況を考えて学習机の設置場所を選びましょう。そして、ベッドは机から見えない位置を選びましょう。そのため、机の位置が決まればベッドの位置は決まってきますね。収納棚は机の近くにあると、机の上が広々し勉強にも集中できます。また棚が近いことで何度も立ち上がって棚に行くという行動がなくなるので、気が散ることもなくなります。

インテリアについての最近記事

  1. インテリアクッションの特徴

  2. インテリアの意味と歴史

  3. モダンインテリアで大人の空間づくりを

  4. インテリアのコンセプト

  5. 子供部屋のインテリアするコツ

関連記事

インテリアデザイナー関連リンク

PAGE TOP