インテリア資格、インテリアデザイナーニュース

  1. インテリアについて
  2. 65 view

インテリア業界の仕事内容や現状

テクニック

これからインテリア業界に就職したり、参入したりと考えているときに気になるのは業界の現状です。そんな気になるインテリア業界の仕事内容な現状をまとめてみました。

インテリア業界の概要

業界動向search.comから調べた結果、業界規模は1兆404億円(91位/123業界)、伸び率は前年比+9.0%(28位/123業界)、平均年収は553万円(88位/123業界)という数字がでています。そもそもインテリア業界というのは、ベッドやカーテン、照明器具、インテリア雑貨などの室内の装飾、家具関係の全てを含みます。インテリア業界はかなり幅の広い業界となっています。市場は年々、徐々に上昇気味で、比較的安定している業界とも言えます。しかし、業界規模そのものはそこまで大きくないのですが、伸び率がとても高いことが数値からわかります。年収自体も日本の平均年収411万円よりも多いので、決して少ないというわけではありませんが、123業界のなかでは88位と高いわけではありません。インテリア業界はさまざまなジャンルの商品の取扱があるため、インテリア好きな人や、トレンドに詳しく好きな人にとっては面白い業界です。

インテリア業界の職業

インテリア業界の仕事は、単に店頭においている家具・インテリアの販売だけではありません。部屋のインテリアを提案したり、工事の手配をしたりと建築関係の仕事に近いこともする場合もあります。

インテリアコーディネーター
住宅、店舗、オフィス、公共施設などのインテリアをオーダーをもとにアドバイスする仕事です。照明器具の種類や壁紙の材質、扉、水回りなど、インテリアについて幅広い知識が必要となってきます。住宅メーカーや不動産屋でのモデルルームで働くこともあり、設計や建築にも関わることもあります。

インテリアプランナー
さまざまな建築物のインテリア企画・計画・工事監理を行うスペシャリストと呼ばれている職業です。住宅だけでなく、商業施設、オフィス、公共施設などさまざまな種類の建物を企画し設計・工事監理までゼロから全てのことを行います。インテリアコーディネーターからインテリアプランナーに挑戦する人も多くいます。

ホームセンターなど
ホームセンターなどの家具や日用品の販売も行っています。仕入れから販売、広告を使用した販売支援などの業務があります。そのなかで商品責任者の役割でもあるマーチャンダイザーは商品の計画や売上管理、戦略展開など経営における責任と権限を持ちます。大手のホームセンターで働きながら、さまざまな商品を取り扱うことも、資格をとって専門的に働くこともどちらもやりがいがある仕事です。

インテリア業界の現状

実は少子高齢化と経済危機による財政状況の悪化が原因となり新築を建てる人が減少しています。また、長寿社会になりつつあり、住居はのライフスタイルは幅の広さが求められるようになってきました。そして、健康と環境を意識しながら、持続可能な社会生活を求める生活スタイルを目指すとい傾向が増えてきています。そのため、自分にとって住みやすい快適な空間を求める人が増え、リフォーム事業が伸びてきていることが現在のインテリア業界です。

インテリアについての最近記事

  1. インテリアクッションの特徴

  2. インテリアの意味と歴史

  3. モダンインテリアで大人の空間づくりを

  4. インテリアのコンセプト

  5. 子供部屋のインテリアするコツ

関連記事

インテリアデザイナー関連リンク

PAGE TOP