インテリア資格、インテリアデザイナーニュース

  1. インテリアデザイナーについて
  2. 16 view

インテリアデザイナーとインテリアコーディネーターの違い

コミュニケーション能力

よく間違われる「インテリアデザイナーとインテリアコーディネーター」ですが明確にどのような違いがあるのでしょうか。インテリアコーディネーターを目指していたけど、実はインテリアデザイナーの仕事内容だった!なんてことは、よくある話です。逆もしかり。

この記事では、インテリアデザイナーとインテリアコーディネーターの仕事内容、なる方法と資格、収入の違いを見ていきましょう。

インテリアデザイナーとインテリアコーディネーターの仕事内容

インテリアデザイナーの仕事内容は、家具、カーテン、照明などの内装の企画・設計の関わる仕事が多くあります。住宅、オフィス、店舗、ホテル、美術館、学校など、さまざまな空間のインテリアに関わります。依頼主からの要望をもとに、デザインコンセプトを作り、全体の色合い、トーン、照明、音、温度、造作物までの全てを監修し、ゼロから空間を創り出します。インテリアに関する知識はもちろんですが、美的感覚やセンス、建材の知識、関係者とのやりとりを上手く進めるための調整能力も必要となってきます。

インテリアコーディネーターの仕事内容は、住宅、オフィス、店舗、レストランなどのインテリアに関するアドバイスをする仕事です。依頼主からのヒアリングをもとに、内装材や家具、照明、小物などを組み合わせ、配色を考えながら、快適な空間の提案をします。インテリアに関して、幅広い知識を持っているだけではなく、お客様のライフスタイルや好みを聞き出し、ニーズに合うものをセレクトすることが重要になってきます。

インテリアデザイナーとインテリアコーディネーターになる方法と資格

インテリアデザイナーは、デザイン事務所や、設計事務所、ハウスメーカー、家具メーカーなどで働いています。インテリア関係や、建築関係の学校を卒業してから、このような会社への就職が一般的なルートですが、未経験からの就職もあります。インテリアデザイナーになるための資格はありませんが、民間資格の「インテリアコーディネーター」や「インテリアプランナー」「インテリア設計士」または、国家資格の「建築士」の資格があれば待遇されることがあります。

インテリアコーディネーターは、住宅メーカー、家具メーカー、デザイン事務所で働いている人が多くいます。大学や短大、専門学校を卒業して、就職することが一般的ですが、学部・学科が問われることは少なく、未経験でも就職は可能です。空間デザインや建築を学んでいれば有利になることもあります。インテリアコーディネーターには民間の資格がありますが、資格が無いと仕事が出来ないわけではありません。就職後に働きながら取得するのも1つの方法です。

インテリアデザイナーとインテリアコーディネーターの収入

インテリアデザイナーが会社員として働く場合の平均年収は300万円~400万円程度です。実力次第で独立も目指せますし、成功すればもっと高額な収入に’なることもあります。クライアントが必要な仕事のため、質の高い仕事をして信頼と実力を伸ばしていくかが、収入のアップにつながります。

インテリアコーディネーターが企業で働く場合の平均年収はインテリアデザイナーと変わらず300万円~400万円程度で、サラリーマンとあまり変わりません。しかし、勤務先や規模、実力によって収入が変わります。インテリアコーディネーターの資格を取得すると資格手当がつくケースがあります。独立も可能なので、収入をもっと上げたいという方は開業を目指しましょう。

インテリアデザイナーについての最近記事

  1. インテリアデザイナーになるためのポートフォリオ

  2. お店に関わるインテリアデザイナー

  3. インテリアデザイナー 7人の巨匠

  4. インテリアデザイナーの将来の需要

  5. インテリアデザイナーのおしゃれな服装

関連記事

インテリアデザイナー関連リンク

PAGE TOP