インテリア資格、インテリアデザイナーニュース

  1. インテリアデザイナーについて
  2. 15 view

インテリアデザイナーになるための文理選択

コミュニケーション能力

インテリアデザイナーになりたいんだけど、文理選択どちらにいったらいいんでしょうか?

という疑問があります。はっきり言えば、どちらも必要です。図面を書いたり建築系というイメージがあるので、どうしても理系と思われがちですが、営業や接客業務もあるため実は文系でもあります。

では、インテリアデザイナーになるには文理選択でどちらのほうが有利なのかを考えていきましょう。

イメージ通りの理系という選択

インテリアデザイナーは「建築系」というイメージがあれば、理系という選択でもOKです。実際に、数字であったり、構造に携わる場合は物理学になってきますが、実際に理系の授業が建築系、インテリアデザイナーで生かされるかといわれればそうではありません。

インテリアデザイナーは資格のいらない仕事です。強いて言えば、建築系の勉強をしている方が良いです。専門学校や大学で建築という選択は、インテリアデザイナーを目指すのであれば一番最短ルートではあります。そこでは建築という大きな枠で勉強し、構造、設備、法規など建築の知識を活かしたインテリアデザイナーとも十分活躍できます。実際、建築士資格をもちながらインテリアデザイナーをしている人もいますし、現場監督からインテリアデザイナーという経歴を持っている人もいます。いざ仕事を始めたときクライアントからしてみれば、建築士であろうがインテリアデザイナーであろうが、インテリアコーディネーターであろうが仕事をしっかりしてくれればそれでOKという風習があります。そのときにクライアントの質問に答えられる力はやはり建築の知識でもあります。もちろん知識だけでは仕事はできません。クライアントとはコミュニケーションが必要ですから。

接客・サービス業と考えるのであれば文系という選択肢

専門学校や大学で文系からインテリアデザイナーという考えは少し難しいですが、高校生であれば文系に進むという選択肢はありです。実際に仕事をしていると、打合せが異常に多いという印象を受けます。そのときに大切なことはクライアントや業者にしっかりとイメージやプラン内容、施工内容を伝えることです。これが伝わらなければ、どれだけいい作品のプランであっても無力です。ようするにコミュニケーション能力がなければ続けて行けない、活躍できない仕事でもあります。独立を目指しているのであればなおさらコミュニケーション能力は必要とされます。仕事を取ってくるのも全て自分で行うわけですからね。もちろん、コミュニケーションだけできれば良いというわけではありませんが、創造している仕事内容よりも思っている異常にコミュニケーションが取る機会が多い仕事だとイメージしていてください。

選択肢は文系理系だけではない

文系理系と2つの選択で考えていますが、実際の仕事には経済、経営とさまざまな分野が関わってきます。見積もりを読める力や、クライアントの経営戦略を理解する力、実際に独立すれば会社を経営する力、そして全てをまとめ上げる力。びっくりすほど色々な分野に関わってきます。もちろん仕事を初めて経験がものをいうこともあります。しかし、インテリアデザイナーとして仕事をするまでに時間があるのであれば、さまざまな分野の知識を知っておくいいでしょう。

インテリアデザイナーについての最近記事

  1. インテリアデザイナーになるためのポートフォリオ

  2. お店に関わるインテリアデザイナー

  3. インテリアデザイナー 7人の巨匠

  4. インテリアデザイナーの将来の需要

  5. インテリアデザイナーのおしゃれな服装

関連記事

インテリアデザイナー関連リンク

PAGE TOP