インテリア資格、インテリアデザイナーニュース

  1. インテリアデザイナーについて
  2. 11 view

インテリアデザイナーに依頼した場合の費用はどれぐらいかかるのか

テクニック

インテリアデザイナーにプランニングやデザインを依頼したいんだけど、実際どれぐらいの費用がかかるのか気になりますよね。

極論を言えば、内装のプランニングやデザインをするのは出れでもできます。実際の自分で内装デザインや工事をしている店や家もあります。しかし、専門的な排水設備や電気設備、家具や素材の知識、空間のコンセプトを表現する能力はプロでないと難しくあります。そのため、事業用途であればあるほど、コンセプトがありビジョンを明確なのでプロのインテリアデザイナーに依頼することが多くあります。この記事では、実際にプロのインテリアデザイナーに依頼する場合にかかってくる費用を解説していきます。

依頼する前にまずは、自分でもデザインしてみることも大切

小さな店舗や住宅のインテリアデザインは、まず理想とするデザインを自分で考えてみましょう。そこからインテリアデザイナーに頼んだほうがアナタの好みのインテリアデザインになってきます。小規模であれば自分で施工することが可能な場所も出てきます。もちろん全て自分でこなすのは難しいので、そこらへんをプロのインテリアデザイナーに依頼するのもOKです。気軽な相談であれな無料で乗ってくれるデザイン事務所が多くあります。

基本的なデザイン費は、工事費の10%程度

デザイン費用は工事費の3%~18%程度と差があります。この差は、インテリアデザイナーがどこまで仕事をするかによって変わってきます。事務所によってかかる時間や作業範囲が全く違います。時間のかかる内容であれば、少しデザイン費は上がりますし、監修だけであれば費用は少ない場合もあります。もちろん事務所のブランドにもよって振り幅はあります。また、工事費が多ければ、割合が低く(3~5%)、工事費が少なければ割合が多く(10~18%)と、比率だけではなく総額でも判断しています。大抵の内装費は数百万円の場合が多いため、10%程度と想定しておくと大きな金額の差はでないでしょう。

実際の費用設定は会社ごとによって違う

実際の費用は、人件費や業務日数、経費などがかかってくるため、事務所によっても変わってきます。依頼先を迷っている場合は相見積もりをお願いすることも可能です。しかし、実際の金額は工事金額の見積もりが出てこないと分からないもので、相見積は事務所からすれば取れるかどうか分からない仕事に時間を裂けないという意味で嫌がれる可能性もあります。明確な相見積をする場合は理由を伝えて事務所にも理解してもらい行っていきましょう。

気軽に相談してみること。が信用できる要素の1つ

何度もいいますが、インテリアデザイナーには気軽に相談してみましょう。プロジェクトの相談や、簡単なデザイン、概算の見積もりなどは無料で行ってくれることが多いので、気軽に相談してみることが依頼先としてお願いするにも信頼できる要素の1つです。もちろん何かが合わず断ることも構いません。契約となれば長い時間をを共に過ごし、大きな金額が動きます。お互いに信用できるパートナーであることを優先して、実際にプロのインテリアデザイナー依頼するかを検討してみてください。

インテリアデザイナーについての最近記事

  1. インテリアデザイナーになるためのポートフォリオ

  2. お店に関わるインテリアデザイナー

  3. インテリアデザイナー 7人の巨匠

  4. インテリアデザイナーの将来の需要

  5. インテリアデザイナーのおしゃれな服装

関連記事

インテリアデザイナー関連リンク

PAGE TOP