インテリア資格、インテリアデザイナーニュース

  1. インテリアデザイナーについて
  2. 49 view

インテリアデザイナーを目指すために役立つおすすめの本

コミュニケーション能力

インテリアデザイナーを目指す上で知識として知っておきたいことは、かなりのボリュームがあります。建築、照明設計、設備設計、衛生設備、プロダクト… 例を挙げればキリがないぐらいにインテリアデザイナーの業務内容は幅広くなっています。さらに企画・運営も含めると、コンサルティングやマネージメントの目線にも立たなければいけません。近年では、ライフスタイルを提案することも住宅関係のインテリアデザイナーには求められます。そのため今後、インテリアデザイナーを目指すには幅広い視野で、より深い知識を身に着けておくプロフェッショナル性が今までより求められてきました。そこで、幅広く知識を得るたインテリアデザイナーを目指すために役立つおすすめの内容の本を紹介します。

現場での内容が豊富な実務的な本

どれだけ幅広い業務や知識が必要となってきても、第一にインテリアデザインのプロです。他の事に詳しくなるあまりに、インテリアデザインに関しての知識が薄ければ本末転倒です。そこでおすすめするのは「建築知識」や「商店設計」「新建築」といった建築系の専門雑誌です。最新の作品を取り上げるだけではなく、特集を組んだ紹介や、ディティールや照度などそのまま使える実践的な内容が多く含まれています。また、インテリアデザインの業界紙では「インテリアビジネスニュース」があります。新製品の情報や、最先端技術、イベント情報など、情報が仕入れにくいインテリアデザインの情報がわかる唯一の専門誌です。他には、実践的な資料として使えるおすすめの本はエクスナレッジムック出版の「世界で一番やさしい建築シリーズ」です。また業界では必読の本としておすすめしているのは日本建築学会出版の「コンパクト建築設計資料集」です。有名作品や、基本的な納まり、解説が掲載されており、基本プランを書くにはこれ一冊でも十分という情報量です。

インテリアデザインの可能性が広がるおすすめの本

商業利用で、インテリアデザイナーが関わるクライアントの業界には、必ず業界紙があります。たとえば飲食店オーナーの場合であれば、飲食経営関係の雑誌や、フレンチ、イタリアン、中華、和食などジャンルに分かれた雑誌などさまざまな専門誌が存在しています。近年では和室のしつらいで、中華を提供したいというクライアントであったり、ジャンルがミックスされたインテリアデザインの依頼が多くなっています。普通じゃないしつらいには、予想外の展開が多くトラブルになる可能性が高くなります。そのため、普段から異業種の作品には触れておくことをおすすめします。また、インテリアの面でトレンド雑誌といえば、「CASA」「モダンリビング」がおすすめです。写真がキレイで最新の作品が多く取り扱われています。

プレゼンテーションの力が身につくおすすめの本

どれだけ良い空間、異業種に対応できる新たなデザインが完成しても、それをクライアントに伝え納得してもらえなければ、仕事に繋がりません。インテリアデザインの表現方法は、図面やCG、スケッチ、模型などさまざまな方法があります。CGのような最新の技術でも作り込みが甘ければ効果がなかったり、チープなものになってしまします。さらにCGソフトの習得にも時間がかかります。そこで最初は手書きパースの本をおすすめします。「スケッチパースシリーズ」「緑のプレゼン」「建築と色彩」「インテリアプレゼンテーション」など、手書きパース関連には非常にわかりやすい本が多くあります。

また、クライアントには言葉でもデザインを伝える必要があります。そのためコミュニケーション能力も必須ですね。会話術やボディランゲージなど、表現力を鍛えることも意識しながら、実践を繰り返していきましょう。

インテリアデザイナーについての最近記事

  1. インテリアデザイナーになるためのポートフォリオ

  2. お店に関わるインテリアデザイナー

  3. インテリアデザイナー 7人の巨匠

  4. インテリアデザイナーの将来の需要

  5. インテリアデザイナーのおしゃれな服装

関連記事

インテリアデザイナー関連リンク

PAGE TOP