インテリア資格、インテリアデザイナーニュース

  1. インテリアデザイナーについて
  2. 13 view

インテリアデザイナーを目指すために必要な「CAD」

テクニック

インテリアデザイナーを目指すには「CAD」が使えないとダメ?という疑問があると思います。

もちろん、使えるほうが良いですし難しいわけではありません。しかし、インテリアデザイナーがこなす業務は幅広いためCADでも”建築”、”プロダクトデザイン”、”電気図”、”設備図”など、目的によってCADの使い方が変わってきます。この記事ではインテリアデザイナーを目指すために必要な「CAD」のことを紹介していきます。

インテリアデザイナーに求められるCAD

世の中に出回っているCADの種類は数十種類あり、全てのCADを使いこなすには10年以上かかります。教本で身につけた知識は、基本的な操作方法だけで実践には全く効果を発揮しません。そのため、インテリアデザイナーを目指す学生の場合、教本や課題で身についたCADの基礎を試すため、デザイン事務所やインテリア部署のある企業で、アルバイトやインターン、オープンデスクに行くことをおすすめします。オープンデスクは、デザイン事務所、設計事務所等で実践を経験させてもらえます。報酬が出ないことが多いですが、経験が必要なCADを実践できる場として学生にイチオシしたい場所でもあります。ある程度、実践を経験したらアルバイトに挑戦することもできるでしょう。事務所や企業ではCADの種類が違うことがよくあります。そのため、さまざまなCADにふれるという意味で、複数のオープンデスクに参加することもおすすめします。今後、就職したときにCADが使えるか使えないかでは大きな差が生まれます。

年々、進化し続けるCAD

CADが建築業界に普及し始めたのは約30年ほど前です。毎年のようにアップデートが行われるCADで、当たり前のように業界では使用していますが、30年前までは手書きだったことには驚きますよね。当時は線を引くだけという機能だったことに比べて、今では環境のシュミレーションや、三次元CAD、照度シュミレーションなどの技術が加わりました。そのため空間のプレゼンテーションをする上で、インテリアデザイン業界でも活発に利用され始めています。

2Dと3DのCAD

建築業界ではまだまだ2Dが主流ですが、インテリア業界ではクライアントへのプレゼンを含めた図面を作成するため3Dが主流となってきています。モデリングソフトから、3Dパースを作成したり、それを写真のようなイメージにするためレタリングをこなしたり、複数のソフトを使用することになってきます。モデリングソフトには3dsMAX、shade、Rhinocerosなどがあり、SketchUPなど無料のソフトも普及しております。事務所や企業によってどれだけ求められるかは様々ですが、今後インテリアデザイナーを目指すのであれば習得しときたいですね。

将来的にCADはBIM化へ

最近のインテリアデザイン業界ではBIM(Building Information Modeling)が普及し始めています。まだまだ日本ではメジャーではありませんが、世界的にはアトリエや大企業を中心に広く普及しています。BIMとは3D技術と勘違いされやすいのですが、全く違うものです。2D・3Dは空間のボリュームを主体とする線情報ですが、BIMは部材、素材、構造、コストなど実際の空間に関するさまざまな情報が含まれたものです。そのため、データが大きく高スペックのPCが求められることから日本では導入が遅れている傾向があります。しかし、制度、凡用性、利便性の高さから、今後注目される技術となってきます。

インテリアデザイナーについての最近記事

  1. インテリアデザイナーになるためのポートフォリオ

  2. お店に関わるインテリアデザイナー

  3. インテリアデザイナー 7人の巨匠

  4. インテリアデザイナーの将来の需要

  5. インテリアデザイナーのおしゃれな服装

関連記事

インテリアデザイナー関連リンク

PAGE TOP