インテリア資格、インテリアデザイナーニュース

  1. インテリアデザイナーについて
  2. 16 view

多忙なインテリアデザイナーのやりがい

コミュニケーション能力

多忙なスケジュールのインテリアデザイナーのやりがいって一体何でしょうか?

辛いこと、キツイこと、もちろん仕事なのでありますが、インテリアデザイナーは社内はもちろん、社外の対人関係も多くあります。それでも、やりがいや向上心を持って仕事をこなすインテリアデザイナーのやりがいについて紹介していきます。

インテリアデザイナーの道に進むのは趣味や特技を活かせるから

インテリアデザイナーを目指している人は、幼い頃からモノづくりや、造形、色などに関心があり、将来の夢としてデザイン系の仕事につきたい!という方も多くいます。そのため、建築やデザイン系の学校に進学し、趣味や特技としても興味を持ちながらインテリアデザイナーの仕事に進む人もいます。

インテリアデザイナーの一番のやりがい

インテリアデザインの仕事につくには特に資格もなくつけますが、夢としてインテリアデザイナーを目指してきた人からすると、学校を出て就職し、実際に仕事として表現できるところに大きくやりがいを感じています。

イメージが形になっていく達成感

仕事をしていく中で、自分のイメージが形になっていくことは、達成感を感じるところです。インテリアデザイナーは、クライアントが使用する壁紙、照明、家具など内装のさまざまなことに関してイメージを膨らまし提案します。クライアントの「こんな雰囲気がいい」という漠然としたイメージを、ヒアリングを通してクライアントの理想のデザインを含みながら、自分の知識をプラスして、相手の気持ちを形にしていくことは非常にワクワクするところです。インテリアデザインには正解がなく、自分やクライアントの満足いく作品ができたときには、大きな達成感、やりがい感じます。

クライアントに満足、感謝されたとき

インテリアデザインは、クライアントに満足、感動をしてもらうことが やりがいと感じている人もいます。自分のデザインでクライアントに喜んでもらい「ありがとう!あなたに任してよかった」という言葉をいただけるのは、何よりも嬉しい言葉です。クライアントから信頼される存在になると、「また、あなたにお願いしたい」とも言っていただけますし、仕事だけではなく長いお付き合いをしていくこともあります。

周りの人から信頼され、力がついたという喜び

インテリアデザイナーは、クライアント以外にもさまざまな人と接しながら一緒に仕事をしていきます。例えば、建築士、住宅メーカー、現場監督など社外のプロとも協力しながらクライアントの夢を形にしていきます。インテリアデザイナーとして人間性や、実力を認められてもらえば、取引先からも信頼され、今まで以上に良い仕事ができるようになります。インテリアデザイナーは机上だけの勉強や仕事だけではなく、現場での経験がものをいいます。そして、さまざまなインテリア、建築や芸術などに触れながら、センスを磨くのも1つの仕事であり、自分のレベルアップを感じるのもやりがいです。少しづつ続けることで、力はついてくる実感が感じられます。力がつけば、クライアントはもちろん社内や社外でも期待され、それに答えられるようになれば、より仕事が楽しくなっていきます。

インテリアデザイナーについての最近記事

  1. インテリアデザイナーになるためのポートフォリオ

  2. お店に関わるインテリアデザイナー

  3. インテリアデザイナー 7人の巨匠

  4. インテリアデザイナーの将来の需要

  5. インテリアデザイナーのおしゃれな服装

関連記事

インテリアデザイナー関連リンク

PAGE TOP