インテリア資格、インテリアデザイナーニュース

  1. インテリアデザイナーについて
  2. 14 view

室内空間をゼロから創造するインテリアデザイナーの仕事内容とは

interia

インテリアデザイナーと聞くと、家具やカーテン、照明、什器などのデザインや、室内のインテリアをコーディネートをする仕事だと思う人も多いはずです。

実はそれだけではなく、インテリアデザイナーは室内空間をゼロから創造していく建築設計に近い仕事もあります。

この記事では、インテリアデザイナーの実際の仕事内容を解説していきます。

インテリアデザイナーの仕事内容

インテリアデザイナーには大きく分けて2つの仕事があります。

1つめは、住宅やホテル、オフィス等の室内の空間デザイン。

2つめは、カーテンやテーブル、椅子といった家具や、照明器具、什器などのインテリア用品のデザイン。

よく間違われるのは、既存のインテリア雑貨、壁紙などを使い室内の空間をコーディネートをしていく仕事だけと思われますが、これはインテリアコーディネーターの仕事です。

またインテリアといっても仕事の対象は、建築物の室内空間デザインだけではありません。自動車やバス、旅客機の内装デザインなど、あらゆる室内空間がインテリアデザイナーの関わる仕事になります。

なので、建築や家具、材料素材に関する知識はもちろん、人間にとって快適な空間と感じる人間工学や心理学などの教養も必要となってきます。

室内空間をデザインするインテリアデザイナーの仕事

室内空間をデザインする場合は、住宅や店舗、オフィスなどのを設計をした設計業者や施工業者、そして依頼主と打合せを重ね仕事を進めていきます。

要望やイメージを共有しながらデザインを完成させていく上で必要な、デザイン画や図面の作成が主な仕事のひとつです。

また、実際に室内空間が完成するまでの工事監理にも関わることがあります。

インテリア用品のデザインするインテリアデザイナーの仕事

家具、照明器具、インテリア雑貨などのデザインをする場合は、自分の会社で企画の構想を練り、それにしたがい制作していきます。

芸術家や作家の感性が求められることもありますが、基本的には商品を一般的に流通させる目的が多いため、使い勝手や機能性に配慮したデザインが重要なポイントとなってきます。

基本的な仕事の流れ

室内空間デザインと、家具のデザインでは内容は異なりますが、大きな仕事の流れとしては同じです。

依頼主のヒアリング

住宅や店舗の室内空間デザインの場合は、まず依頼主との打合せが必要となります。

どのような室内空間をイメージしているのか、予算はどれぐらいなのかなど、概要をヒアリングします。店舗などの商業空間であれば、ターゲットの客層からイメージを膨らますことがヒアリングのポイントのひとつです。

家具のデザインの場合は、企画内容に沿ったイメージを膨らます必要があります。商業用途が多いので、インテリアデザイン同様にターゲットの客層からイメージを膨らまします。

デザインプランの提案

ヒアリングに沿ったデザインのプランを依頼主に提案します。プレゼンテーションの際には依頼主がイメージしやすいようにスケッチやCG、模型などを用意します。

プランに問題がない場合、業者に見積を出してもらうために図面を作成します。

見積もりに問題がなければ、次のステップへ進みます。

デザインの細部を提案する

完成した図面と見積もりを元に、依頼主とデザインの細部を決めていきます。

打合せの際には、素材や材質がわかるサンプルや、ディティールがわかるものを用意。

写真でみる素材や材質、ディティールと実際に触ったり、見たりするもでのはイメージが変わってきます。後々トラブルにならないためにも必要なステップになります。

デザインの監理をする

施工業者が図面通りに制作していても、イメージ通りに完成しない場合があります。

室内空間デザインの場合は、施工現場での打合せや指示など現場監理をすることで安心して依頼主に引き渡せます。

家具のデザインも同じように制作業者との細かい打合せや指示によるデザイン監理をおこなうことで、品質を保ち問題なく出荷ができます。

インテリアデザイナーについての最近記事

  1. インテリアデザイナーになるためのポートフォリオ

  2. お店に関わるインテリアデザイナー

  3. インテリアデザイナー 7人の巨匠

  4. インテリアデザイナーの将来の需要

  5. インテリアデザイナーのおしゃれな服装

関連記事

インテリアデザイナー関連リンク

PAGE TOP