インテリア資格、インテリアデザイナーニュース

  1. インテリアデザイナーの資格
  2. 3 view

インテリアデザイナーのおすすめ通信講座!

インテリアデザイナーになるために資格取得を考えている方も多いかもしれません。

インテリアデザイナーの資格にも様々種類があります。
独学で学んで資格を取得することも可能ですが、短期間で資格を取得したい場合、通信講座を利用した方がおすすめとなります。

ここでは、インテリアデザイナーに関連する資格を取得可能な通信講座を5つ紹介します。

諒設計アーキテクトラーニング

諒設計アーキテクトラーニングでは「インテリアデザイナーW資格取得講座」という講座が開校されています。

講座内容

高い人気を誇る職業インテリアデザイナーやインテリアアドバイザーになるには、資格を取得することが一番の近道となりますが、諒設計アーキテクトラーニングのインテリアデザイナーW資格取得講座では、講座を卒業するだけでインテリアデザイナーとインテリアアドバイザーの資格が取得できます

建築・インテリアに関する法律、構法、各種材料や施工技術、計画の立て方や施工管理、構造力学など、インテリアについてありとあらゆる知識を学ぶことができます

取得できる資格、その主催協会・団体名

諒設計アーキテクトラーニングのインテリアデザイナーW資格取得講座では、JDP(日本デザインプランナー協会)が認定する「インテリアデザイナー」と、同じくJDPが認定する「インテリアアドバイザー」の資格を取得することができます。

インテリアデザイナーとして働くことを目指す方はもちろん、現在建築関係・インテリア関係で働いている方にもおすすめの認定資格です。

受講料金・期間

諒設計アーキテクトラーニングのインテリアデザイナーW資格取得講座の受講費用は、通常コースですと59,800円となっております。一括払いと20回払いが選べます。期間は6か月のカリキュラムが組まれていますが、最短2か月での修了が可能です

また、諒設計アーキテクトラーニングのインテリアデザイナーW資格取得講座にはスペシャルコースも用意されています。

こちらは通常コースのカリキュラムに加えて卒業課題をクリアすれば、資格試験が免除され、修了時にそのまま資格が取得できるコースとなっています。受講費用は79,800円で通常コースと同じく一括払いと分割払いの選択が可能です。受講期間も基本は6か月ですが、最短では2か月で修了が可能となっています。

受講の流れ

インテリアデザイナーW資格取得講座の受講期間は6か月で、期間内に添削問題が5回含まれています。

通常コースですと添削問題を5回提出し講座卒業を迎えたら、ご自分でインテリアデザイナーとインテリアアドバイザーの試験をそれぞれ受験し、試験に合格することで資格を取得することが出来ます。試験は自宅で受験できますが、費用が別途各10,000円必要となってきます。

スペシャルコースでは、学習から添削問題までは通常コースと変わらず、その後に卒業課題の提出が必要になります

卒業課題に合格すると、そのまま受験をせずともインテリアデザイナーとインテリアアドバイザーの資格が取得できます。

講座の特徴、メリット

上記にもありますとおり、諒設計アーキテクトラーニングのインテリアデザイナーW資格取得講座は、自宅にいながらインテリアのさまざまな知識を効率的に学習し、インテリアデザイナーとインテリアアドバイザーの資格をスピーディーに取得できる講座となっています。

インテリアデザイナーとインテリアアドバイザーの資格認定をしているJDP(日本デザインプランナー協会)の認定を受けている講座なので、卒業課題を提出するだけで試験免除になるスペシャルコースが実現しました。

確実に資格を取得できるので、自分のスキルアップをしたい方、就職活動の強みにしたい方にピッタリの通信講座です

SARAスクールジャパン

SARAスクールジャパンでは「インテリアデザイナーコース」という講座が開校されています。

講座内容

SARAスクールジャパンのインテリアデザイナーコースでは、建築基準法などの法律に関する学習から始まり、インテリア素材や構造力学などの知識、施工契約や管理に関する知識、インテリアの歴史なども学べるため、インテリア・建築関係の深い知識を幅広く身につけていただくことが出来ます

インテリアデザイナーとインテリアアドバイザーの資格を取得後は、住宅メーカーやリフォーム会社、インテリアショップ、ショールーム、デパートのインテリアコーナーなどで幅広く活躍することが出来ます。

もちろん、資格を取得するための学習の過程で専門知識を深めることが出来ますので、現在すでにインテリア・建築関係のお仕事についている方にもおすすめです

受講することにより取得できる資格、またその主催協会・団体名

SARAスクールジャパンのインテリアデザイナーコースでは、インテリア・建築に関する専門的な知識を徹底的に学習することが出来るため、日本デザインプランナー協会(JDP)が認定するインテリアデザイナー」と「インテリアアドバイザー」の二つの資格を確実に取得することが可能となっております。

受講料金、受講期間

SARAスクールジャパンのインテリアデザイナーコースのカリキュラムは、1日30分の学習を行えば半年間で資格が取得できるように組まれています最短では2か月で資格取得が可能です)。日々の隙間時間で無理なく学習を進めることが可能です。

インテリアデザイナーコースには基本コースプラチナコースがあり、インテリアデザイナーとインテリアアドバイザーの資格試験対策がしっかりと行える基本コースは59,800円卒業するだけでインテリアデザイナーとインテリアアドバイザー資格が100%取得できるプラチナコースは79,800円となっています。

基本コースは講座修了後にご自身で資格試験を受けていただくことが必要となっていますが(受験料金は各10,000円となります)、プラチナコースではその手間が不要となり、資格への近道となっております

受講の流れ

SARAスクールジャパンのインテリアデザイナーコースの最初の1・2か月は、建築基準法をはじめとする法律関係、室内安全計画と関連法規について学んでいきます

インテリアデザイナーの資格試験で出題されるのは建築基準法のインテリアに関する事柄のみとなっており、SARAスクールジャパンのテキストでは法規を読み解くために必要な用語の解説なども充実しているので初心者の方でも安心です

3・4か月目は部屋ごとの工法やインテリア素材、インテリアエレメンツと各種工事、施工管理や契約について学んでいきます

金属や石材・木材といったインテリア材料など、施工をする上で欠かせない基礎知識を学習します。実際に工事を行う上で必要になる工法や施工管理、工事の発注などについての知識も身につけていきます。

5・6か月目には、インテリア・建築の歴史、音や光・温度を中心とした室内環境整備やインテリア・施工場所ごとの建築計画、構造力学に基づく構造計画・工法についてなどを学習します

添削問題は全カリキュラムを通して5回あり、丁寧な添削指導で弱点をしっかりと克服することが出来ます。

プラチナコースは上記のカリキュラムに加え、卒業課題を提出する必要があり、この卒業課題をクリアすれば資格が取得できます。

講座の特徴、メリット

SARAスクールジャパンのインテリアデザイナーコースの最大の特徴は、1日たった30分の自宅学習を続ければ半年で資格取得可能な知識を身につけることが出来るところにあります。

また、SARAスクールジャパンのテキストは初心者にも非常にわかりやすく編集されており、初めての方にも安心なオリジナル教材となっております。

練習問題や添削課題を解けば、学習した知識の定着度を確認することが出来、試験に向けての対策もしやすくなっています。

ハウジングエージェンシー

ハウジングエージェンシーでは「インテリアコーディネーター合格対策通信講座」という講座が開校されています。

講座内容

ハウジングエージェンシーのインテリアコーディネーター一次・二次試験合格対策通信講座は、資格対策スクールHIPS(ヒップス)の合格に直結するノウハウを詰め込んだ通信講座となっています。

HIPSはインテリアコーディネーター資格試験の合格実績で全国ナンバーワンの実績がある資格対策スクールです。

インテリア・建築関連資格の問題集や参考書の出版実績が30年以上あるハウジングエージェンシーだからこそ、合格するために必要な内容だけを効果的なカリキュラムでコンパクトに凝縮し、確実に合格へ導く講座を構築できています。

受講することにより取得できる資格、またその主催協会・団体名

ハウジングエージェンシーのインテリアコーディネーター一次・二次試験合格対策通信講座を受講すれば、公益社団法人インテリア産業協会が主催するインテリアコーディネーターの資格を取得できるレベルの知識が身に付きます。

インテリアコーディネーターは快適な住環境を構築するスペシャリストであり、様々な場面でその知識を発揮していただくことが可能です。

インテリアコーディネーターの資格は、建築・インテリア業界での就職活動にも役立てていただけますし、すでに建築・インテリア業界で働く方のスキルアップにも効果を発揮していただけます。

受講料金、受講期間

ハウジングエージェンシーのインテリアコーディネーター試験合格対策通信講座は、まずは一次試験の合格を目指す「一次試験コース」と、一次試験・二次試験どちらにも対応したフルパッケージ「一次・二次試験コース」の二つがあります。

どちらのコースも、初めてインテリアコーディネーターの資格学習をする方にもわかりやすい初心者対応のカリキュラムとなっています。

「一次試験コース」は43,200円、「一次・二次試験コース」は58,000円となっております

どちらのコースも、一括払い・分割払いがご利用になれます。また、支払い方法は代金引換(代引き手数料400円は自己負担)・現金書類・銀行振込(お振込み手数料は自己負担)・クレジットカード決済がご利用できます(分割払いはクレジットカードのみ)。

受講期間は、ご自分のペースで学習が進められるよう、約2年間にわたって添削や質問などのサポートを受けていただけます。受講開始後の直近の試験に不合格になってしまったとしても、次の試験もカバー出来るということです。

受講の流れ

「一次試験コース」「一次・二次試験コース」どちらにも共通している教材は、インテリアコーディネーター一次試験合格対策テキスト上・下巻、インテリアコーディネーター一次試験過去問題徹底研究上・下巻、一次対策課題8課題(添削問題用紙・解答用紙)となっています

テキストは図解や豆知識などの解説が充実しています。本文中のキーワードも詳しく解説されており、項目ごとの重要度を示す指針なども設定されているため、効率的にポイントを押さえることが可能です。

添削問題は丁寧な採点の上、解答例とともに返却されます。

上記の教材でしっかりとした一次試験対策とインテリアコーディネーターに関する知識を身につけていただき、資格取得へと結びつけていきます

「一次・二次試験コース」には上記の教材に加え、二次試験対策DVD、二次対策テキストプレゼンテーション編・論文編、合格ワークシートプレゼンテーション編・論文編、二次対策課題(プレゼンテーション問題用紙・解答用紙/論文問題用紙・解答用紙)、プレゼンテーション 色鉛筆による着彩必勝法、など、二次試験対策の豊富な教材が付随します

講座の特徴、メリット

ハウジングエージェンシーのインテリアコーディネーター合格対策通信講座は、重要ポイントのみを凝縮編集したテキストでインテリアコーディネーターの資格試験に合格するために必要な知識を効率的に学習していただくことが出来ます

また、24時間受付可能なメールサポート、受講生専用ページで試験情報やお得な情報などを得られ、徹底的なサポート体制で、お一人でもしっかりとした学習を進めていただくことが可能となっています。

資格専門校インテリアスクールHIPS(ヒップス)の通学・在宅講座や試験前の特別短期講座も、通信講座受講生なら特別価格にて受講可能となっており、より合格への道を盤石なものとしていただくことができます

「一次・二次試験コース」では、二次試験対策も専任講師により細やかな添削指導で、試験合格までサポートさせていただけます。

そして、ハウジングエージェンシーのインテリアコーディネーター合格対策通信講座は、教育訓練給付制度をはじめ、提携法人にお勤めの方は提携特別価格5%割引、大学・短大・専門学校(学校法人に限る)に在学中の方は10%割引価格にて受講していただくことが出来ます。

産業能率大学総合研究所プロカレッジ

産業能率大学総合研究所プロカレッジでは「インテリアコーディネーター受験総合講座」という講座が開校されています。

講座内容

産業能率大学総合研究所プロカレッジのインテリアコーディネーター受験総合では、インテリアの歴史から製図の書き方、インテリアコーディネーションの計画の立て方、表現方法など様々な角度から、体的にインテリアについて学ぶことが出来ます

講座の教材として、テキスト4冊、スタディ・ガイダンス5冊、トレーニングシート、一次試験過去問題集、二次試験過去問題集、資格取得ガイド、添削問題7回分、が主な内容となっております。

受講することにより取得できる資格、またその主催協会・団体名

インテリアコーディネーター受験総合講座を学べば、(公社)インテリア産業協会が認定するインテリアコーディネーター」の資格取得が可能なレベルの知識が身に付きます。

一次試験と二次試験の過去問題集は過去5年間のものを使用し、しっかりと受験対策が出来ます。

受講料金、受講期間

受講費用は46,440円(税込)となっています。

受講期間は7か月のカリキュラムが組まれていますが、在籍期間は14か月となっているので、自分のペースに合わせて学習することが可能です。

受講の流れ

まず初めに「インテリアコーディネーターハンドブック上・下巻」で、インテリアコーディネーターの誕生とその背景などから、インテリアコーディネーターの歴史を学んでいきます。インテリアコーディネーションの計画とそれに必要な環境と設備、インテリア関連の法規・規格・制度なども合わせて知識を深めていきます

 

2番目には「製図に関する基礎知識」で、インテリアコーディネーションの計画に欠かせない製図の仕組み・書き方などを学んでいきます。インテリアコーディネーターの資格取得には実技試験もありますので、ここでしっかりとした製図の基礎を身につけます。

 

製図の基礎知識を身につけたら、次は実際に製図の書き方について学んでいきます。インテリア空間の表現方法、図面の読み方、実際の図面のパースの描き方、インテリア計画の基本までを学びます

別冊でインテリア製図のトレーニングを行うことが出来るトレーニングシートがついているので、しっかりと製図の描き方を身につけることが出来ます。

 

もう一冊のスタディ・ガイダンスでは、インテリアコーディネーションの計画、インテリアエレメントと関連エレメント、インテリア構造・構法とその仕上げ、環境と設備について、インテリアコーディネーションの表現などについて学びます。

 

そしていよいよ一次試験過去問題集・二次試験過去問題集へと取り組むことになります。

過去5年間の問題が使用されているので、実際の出題傾向などを知ることができ、しっかりと試験に備えることが出来ます。

講座の特徴、メリット

こちらのインテリアコーディネーション受験総合講座は、実際にインテリアコーディネーターの資格を認定している機関(公社)インテリア産業協会の教材を使用しているので、資格取得に必要な知識が効率的に学べるようになっています

また、7回の添削問題のうち5回はコンピュータ採点のWeb提出が可能となっている点と、序盤の学習で使用するテキスト「インテリアコーディネーターハンドブック上・下巻」はe-Text(電子書籍)がある点で、学習の効率化が図れます。

ユーキャン

ユーキャンでは「インテリアコーディネーター講座」という講座が開校されています。

講座内容

ユーキャンのインテリアコーディネーター講座は、過去問題を徹底的に分析し、初心者にもわかりやすく図解や練習問題を豊富に取り入れたテキストを毎年改訂しています。専門用語なども詳しく解説してあり、非常にわかりやすく、学習を進めやすくなっています

また、スマートフォンやパソコンで見られる解説動画も用意されており、インテリアコーディネーターの二次試験の図面作成などの対策に適しています

また、写真資料集なども充実しており、様々なインテリアコーディネート例を見ることができます。

メインテキストは3冊あり、他に写真資料集、基礎力強化問題集、解答力養成問題集2冊、資格試験問題集、攻略ワークブック、まるごと覚える!1次試験の重要ポイント集、ガイドブック、その他添削関係書類などが添付されています。

法改正や試験情報の変更などがあった場合は、追補教材が送られてくるので安心です。

取得できる資格、その主催協会・団体名

ユーキャンのインテリアコーディネーター講座では、快適な住環境を作り出す住まいのスペシャリスト、「インテリアコーディネーター」の資格取得を目指して学習ができます。

資格の認定団体は公益社団法人インテリア産業協会です。

インテリアコーディネーターの資格は、建築・インテリア業界で幅広く活躍できる資格となっています。

受講料金・受講期間

ユーキャンのインテリアコーディネーター講座の受講料金は、一括払いですと59,000円、15回払いですと月々3,980円で総計59,700円となっています。

標準学習期間は8か月となっています。

例年ですとインテリアコーディネーターの資格試験は1次試験が10月、2次試験が12月となっていますが、受講開始から直近の2次試験までが標準学習期間の8か月未満の場合、翌年の2次試験実施月まですべての指導サービスを継続して受けることができます。

受講の流れ

上にも記した通り、直近の試験が近すぎるタイミングで受講を開始しても、次の試験実施月まで充実のサポートを受けることが出来るので、受講を始めるタイミングはいつでも、ご自身の都合に合わせることが出来ます。

標準学習期間は8か月となっていますが、ご自身のペースで学習を進めていただけます

図解などが多いわかりやすいテキストでじっくり学習をし、解説動画も活用していただけます。

質問や躓きなどは、メールでいつでも気軽に相談でき、添削問題ではご自身の実力をチェックしていただき、弱点が把握できるので克服もしやすいです。

例年ですと毎年10月上旬の日曜日に一次試験が行われ、試験自体はマークシート方式で解答しやすいものとなっています。受験資格は特に設定されておりません。

合格ラインは総得点の70~75%と言われています。一次合格率は30%ほどです。

二次試験は例年12月上旬の日曜日に行われ、一次試験に合格していることが受験資格条件となっています。

試験内容は論文・プレゼンテーション試験(図面)となっており、二次合格率は60%前後です。

一次試験・二次試験全体を通しての合格率は例年24%前後となっており、毎年2千人以上がインテリアコーディネーターの道を歩み始めています。

講座の特徴、メリット

ユーキャンのインテリアコーディネーター講座は、図解やイラストが豊富で読みやすく学習が進めやすいテキストを使用していますので、業界の方々はもちろん、まったくの初心者の方も安心です

また、メールでの質問などはいつでも気軽に、試験の直前までしっかりとバックアップしてくれます。

添削指導も、きめ細やかで的確なアドバイスをもらえるので、ご自身では気づきにくい弱点にも対策がしやすいです。

そして、ユーキャンのインテリアコーディネーター講座は、教育訓練給付制度の対象となっていますので、制度を利用すれば学費の20%が支給されます。

インテリアデザイナーの資格の最近記事

  1. インテリアデザイナーのおすすめ通信講座!

インテリアデザイナー関連リンク

PAGE TOP