インテリア資格、インテリアデザイナーニュース

  1. 口コミ
  2. 14 view

【インテリア】シャワーカーテンをおしゃれにコーディネートする方法

interia

3点ユニット(バス、トイレ、洗面が一体化している水回り)バスルームのお部屋に住んでいれば、浴槽の境目をシャワーカーテンで仕切っている場合が多いと思います。地味・味気なくなりがちなこのバスルームを、インテリアとしておしゃれに、便利に使いなら、シャワーカーテンの選び方・使い方がとても大事です。周囲の環境と合わせた、オススメのコーディネート方法を紹介します。

統一感を作るなら一色「共色」を加える

バスルームは何色?賃貸マンションなど無難なマテリアルが選択されるお部屋では、ベージュ系のやや温かみのある色が多いかも知れませんね。そんなときは、カーテンは華やかな柄物を選びつつ、その中に一色だけ、共色のベージュが入っているようなカーテンを選んでみましょう。カーテンでインテリアを演出しつつ、共色を取り入れることで周囲と自然に馴染んでくれます。

モノトーンに紅一点

モノトーンに仕上がっているバスルームなら、シャワーカーテンは紅一点。インパクトのある柄、または鮮やかな色を選びましょう。シャワーカーテンがスパイスのようにピリッと効いたバスルームに仕上がります。

プリンセス系は素材選びにチカラを入れる

いわゆる「姫系」ガーリーなバスルームは、入浴を大切なプライベートタイムにする女子の必須項目。シャワーカーテンは、フリルつきやボンボン付きの可愛いものを選びます。シャワーカーテンでは普通やらないタッセルを付けてみたりと、ディテールにこだわることでおしゃれ度がUPします。

テーマを揃えて!アイテムの選び方

モザイクタイルや、カラーの入った洗面カウンター、ナチュラルなウッドなど、洗面所や脱衣スペースに、あらかじめ特徴あるマテリアルが使われていたら、シャワーカーテンはこれに共鳴するように選んであげましょう。洗面と浴室…少し離れた場所に、テーマを同じくするアイテムが揃えることは、おしゃれなコーディネートの大事な法則です。

便利な二重カーテン

シャワーカーテンは、一重よりも二重にしておくことでなにかと便利。まずはお風呂の熱気を逃がさず快適に。浴槽側に薄手・ローコスト・防水・取替え簡単なものを、外側にインテリア性の高いものを使うことで、汚れを防ぎ長持ちさせることができます。2重のバーに強度があれば、室内干しにも使えます。

一本がもともと付いていれば、二本目は突っ張り棒で用意したり、工事が可能であればカーテンワイヤーなど簡易な仕様でも問題なし。

まとめ

シャワーカーテンは、バスルームインテリアのキーポイント。でも、それ単体だけではなく、周囲とコーディネートを考えてあげることが大事です。ご自宅のバスルームを見直してみて、新しいシャワーカーテンを選びに行きましょう。

口コミの最近記事

  1. インテリアデザイナーの人気傾向

  2. インテリアデザイナーが気をつけるべき服装のポイント

  3. インテリアデザイナーが身につけるべき必要な能力

  4. インテリアデザイナーに必要な 知識

  5. インテリアデザイナーを目指す人が身につけるべきCAD技術

関連記事

インテリアデザイナー関連リンク

PAGE TOP