interia

【リノベーション】お風呂の床材、オススメはこれ

口コミ

リフォーム時期を迎えた浴室で、床材を交換するならオススメは?デザイン性も大事ですが、メンテナンスや保温性、滑りにくさなども重要ですよね。比較的良く採用されるものから、個人的に推したい材料まで、浴室の床材を紹介します。

在来にもユニットにも使えるビニル床シート

在来浴室の床はモルタル下地にタイル張りが多く、冬季は冷たく、滑って転ぶ危険性もあり、高齢者のいる家庭では使いづらくなってきているかもしれません。

東リ(株)から発売されているバスナシリーズは、浴室・水回りに使えるシート系の床材。在来浴室とユニットバス、両方に使える便利な床仕上げとして、リフォーム事例が最近増えています。防水層が生きていれば、既存の床をそのまま残しながら、重ね貼りで施工することが可能、発泡層を含んだシートは、クッション性があり、衝撃を和らげるほか、冬季のヒートショックも軽減してくれます。

特にユニットバスの床リフォームは、傷が付いてしまうとリフォームは難しかったのですが、このバスナシリーズでそれが可能になっています。

コルクタイル

既存のタイル床の上からそのまま施工できる浴室専用のタイルが発売されています。何といってもコルクタイルの特性は、高い保温性、そして防滑性能にあります。コルクボードなどを想像してもらえば分かるとおり、マットで、温かみのある質感を浴室に取り入れられるというメリットも見逃せないでしょう。コルクに防水性ってあるの?と思われる方も居られるかもしれません。意外にも、陶磁器質のタイルと同等の防水性能があるのだそうです。またコルクタイルなら床だけではなく浴室の壁にも使えるため、全面をコルクで仕上げた浴室を作ることも可能です。やや難点は、施工が難しく、また材料費も高いということでしょうか。

DIYもできる!デッキ材も意外とオススメ

浴室で使う木製の床といえばスノコ状になっているものを思い浮かべますね。ユニットバスのリフォームで採用するのは難しいですが、温かみのある質感と肌触り、自然素材をそのまま用いているという安心感はなによりも変えがたい快適さかもしれませんね。和風の浴室ではヒノキが良く用いられて来ましたが、ちょっと視点を変えてオススメなのが、デッキ材です。外部のテラスなどに使用する材料なので、耐水性は折り紙付き、滑り防止に溝の付いているものもあります。忘れてはいけないのはメンテナンス。湯垢や石鹸カスが溜まっていくので、月に1度くらいは洗って乾燥させてあげるのが理想です。快適さを失わずに長い付き合いにするためには、とりもなおさず住んでいる人がお手入れをしてあげることが一番です。

インテリアデザイナー  インテリアデザイナー