インテリア資格、インテリアデザイナーニュース

  1. 口コミ
  2. 9 view

インテリアデザイナーが身につけるべき必要な能力

インテリアデザイナーをイメージしたとき、どんな姿を思い描くでしょうか。鉛筆でスラスラとカッコいいスケッチやパースを描く姿、現場で職人に指示する姿、クライアントと絵を見ながら打合せしている姿、多くのカタログから仕上げを選定している姿、人によって様々だと思います。また、インテリアデザインの仕事の範囲は事務所や会社によってその範囲は異なります。この記事では、様々な業務をこなすインテリアデザイナーが、最低限身につけるべき必要な能力について綴っていきます。

インテリアデザイナーの業務の範囲

インテリアデザイナーは、店舗等の商業施設から医療福祉、学校、住宅など様々な用途の内装工事に関わる企画から設計まで幅広く携わります。また工事期間においても照明の角度や照度の調整、壁面や床等の素材の選定や配色など、クライアントと打ち合わせを重ねながら監理業務を進めていきます。つまりインテリアデザイナーは、内装のデザインに限らず、クライアントのやりたいことやイメージを引き出しカタチにする会話力と創造力、そしてそれを再度クライアントにプレゼンするとともに、施工者やメーカーなど関連業者に説明するプレゼンテーション力や説得力、そしてプロジェクト全体を統括する指導力やコンサルティングの能力も必要になってきます。

最低限必要な技術的能力

インテリアデザイナーは、内装工事を専門とします。内装工事を行うにあたり技術的な面で必要な能力として、照明や家具、床材や壁仕上げ等の知識はもちろん重要ですが、それよりもより抽象的な考え方を理解する必要があります。例えば、仕上げよりも重要なのはその仕上げがどこに取り付くのか、つまり下地です。また、下地はどこに取り付くのか、つまり骨組みです。このように、エンドユーザーが見ている空間の景色は、表面部分のみであって、そこを設計するインテリアデザイナーにとってそこまで重要な要素になりえません。表面の仕上げは空間に彩りや豊かさを与えますが、下地や躯体、つまり壁や床、天井の中身を理解していないと、心地の良い空間は生まれません。例えば、外壁の内部構造を理解しないで設計を行うと、断熱材や通気の確保が足らず、湿気が逃げ切れなくなり内部結露が起きるといったことがありえます。それが続くとカビが繁殖してきますが、表面からは見えない為、知らず知らずのうちに空気が汚染されているというのも少なくありません。

多くのクライアントから求められる情報収集能力

インテリアデザイナーは、プロジェクトごとに用途も空間も様々な状況を体験します。似たようなプロジェクトだとしても、その内容や状況はまったく別物であり、毎回新鮮な気持ちで仕事をスタートすることになります。そのため、必ず新しい事に出会います。見たことのない空間、建築の躯体、クライアントの性格、新しい仕上げ材、知らない設備機器の検討や導入、セキュリティーや運営・管理方法など、プロジェクトによって様々です。クライアントは、内装工事を依頼しますが、その職域のプロでもあります。例えば、学校の内装工事の依頼であればそのクライアントは教育業界のプロ、病院であれば医療業界のプロ、このようにクライアントは内装工事としては素人ですが、その道のプロである場合が多いです。そしてそれはインテリアデザイナーにとっても同様のことが言えます。そのことは多くのクライアントが理解している為、インテリアデザイナーは「モノや業界の事」を知っていることよりも「知り方」を知っていることの方が重宝されます。知らないことは必ずあるということは大前提であり、むしろそれに出会ったときにどのように情報収集し、どのように解決するのか、それが迅速かつ正確に実行できる能力がインテリアデザイナーには必要とされています。

口コミの最近記事

  1. インテリアデザイナーの人気傾向

  2. インテリアデザイナーが気をつけるべき服装のポイント

  3. インテリアデザイナーが身につけるべき必要な能力

  4. インテリアデザイナーに必要な 知識

  5. インテリアデザイナーを目指す人が身につけるべきCAD技術

関連記事

インテリアデザイナー関連リンク

PAGE TOP