インテリア資格、インテリアデザイナーニュース

  1. 口コミ
  2. 101 view

インテリアデザイナーとインテリアコーディネーターの違い

インテリアのデザインを業務とするとき、インテリアデザイナーとインテリアコーディネーターの2つに分かれます。また、資格においても上記の2種類があります。この違いに明確な区分けはあるのでしょうか。この記事では、インテリアデザイナーとインテリアコーディネーターのそれぞれの業務内容の違いと資格における区分けについて綴るとともに将来的な方向性について考えていこうと思います。

インテリアデザイナーの資格と仕事

「インテリアデザイナー」という資格はありませんが、プロのインテリアデザイナーの多くは関連資格を取得しています。関連資格は、インテリアデザインを幅広く捉えれば、「インテリアプランナー」、「インテリアコーディネーター」、「DIYアドバイザー」、「インテリア設計し」、「一級・二級 建築士」、「家具検定」、「商業施設士」、「色彩検定」、「カラーコーディネーター」、「福祉住環境コーディネーター」等が挙げられます。その中でも、財団法人建築技術教育普及センターが認定している「インテリアプランナー」や社団法人インテリア産業協会が認定している「インテリアコーディネーター」を取得している方が多くいます。インテリアデザイナーの仕事は、商業から病院・福祉施設、住宅、学校まで様々な用途の内装の企画・デザインを行います。工事中においては設計者(デザイナー)として照明器具の選定や調整、各仕上げの色や素材の選定を行ったりもします。

インテリアコーディネーターの資格と仕事

前述しましたが、「インテリアコーディネーター」の資格は社団法人インテリア産業協会が認定しています。会社でインテリアデザイナー(部署の名称は会社により異なる)等、インテリアの関連業務に務める場合は、「インテリアコーディネーター」の資格を取得しておくと優遇される場合がほとんどです。会社によっても優遇の度合いや種類は様々なので、どのような優遇があるのか知りたい場合は直接会社に聞くのが良いでしょう。インテリアコーディネーターとしての仕事と限定した場合は、その業務は、インテリアに関するアドバイザーが主となります。クライアントやユーザーの立場になり、その人のライフスタイルや将来像・希望、ヴィジョン・コンセプトを読み取り、知識や経験を活かし、照明や家具、配色等の提案を行います。

インテリアデザイナーとインテリアコーディネーターの将来的展望

インテリアに関する業務は、デザイナー・コーディネーター・プランナー・アドバイザー等分節化されていますが、今後はさらに細分化・多様化され、それらの境界線はますます曖昧なものとなっていくことが想定されます。また、インテリアの関連資格や情報取得、業務に対し、特に必要資格や制限等はないため、インターネットが普及している現在では一般人にも深い知識が広がりつつあります。その為、トータルにプロジェクトに関わりクライアントの側にいるインテリアデザイナーはさらなる知識と経験を求められるようになってきています。つまり、一昔前までは通用していた「まずは経験しながら学んでいく」では、すでに遅いのです。そのため、将来的にインテリアデザイナーになりたい場合はどこか会社や事務所に勤め、上司や先輩のもと経験を積んでいくのが王道であるように思います。素人から事務所を開設してデザインを始めたが、「雨漏れや湿気の対策が十分でなくカビが生えた」、「強度が不十分で壊れやすい」等、専門的な部分で問題が起こることが多いです。以前は、クライアントも情報不足だった為、お互いの話し合いで解決され、それら失敗から次に活かして成長してくという選択肢もありましたが、今ではそれが訴訟へと繋がります。新しい情報や技術が次々と生み出される現代において、職のあり方もまた次々と変化を起こします。常に社会と自分と向き合い、変化していくことを受け入れる覚悟が必要な時代といえます。

口コミの最近記事

  1. インテリアデザイナーとインテリアプランナーの違い

  2. インテリアデザイナーの人気傾向

  3. インテリアデザイナーが気をつけるべき服装のポイント

  4. インテリアデザイナーが身につけるべき必要な能力

  5. インテリアデザイナーに必要な 知識

関連記事

インテリアデザイナー関連リンク

PAGE TOP