インテリア資格、インテリアデザイナーニュース

  1. 口コミ
  2. 13 view

インテリアデザイナーとインテリアコーディネーターの違いは?

interia

インテリア系の肩書きとして一番良く知られている「インテリアデザイナー」と、「インテリアコーディネーター」。このどちらかを目指して、学校に学びにいったり、業界に入ってくるという方も多いはず。でも、そもそもどのように違うのでしょうか?

【インテリアデザイナーは職業名、インテリアコーディネーターは資格名】

インテリアデザイナーは、デザインを主眼を置いてインテリアの仕事に携わっていれば、誰でも名乗れる肩書きです。「建築家」には「建築士」という資格がありますが、多くの有名なインテリアデザイナーは、資格を担保に仕事をしているわけではありません。知られて、仕事を評価されることで、そういう肩書きになっていく、といったほうがいいかもしれません。

インテリアコーディネーターは、インテリア産業協会とうい業界団体が所管する、「資格名」です。資格を取るには、年1回の学科試験に合格する必要があります。その仕事範囲は、「住まい手にとって快適な住空間を作るために適切な提言・助言を行う(インテリア産業協会ホームページより)」とされています。実質的には、床、壁、天井などの仕上げ材料やカーテン、家具などを決めたり、キッチンなどの水回りの住宅設備や

照明器具などを提案したりと、「選定」が主な仕事内容です。いわば、「目に見える範囲」に限定して守備範囲とするのがインテリアコーディネータであり、インテリアのコンセプトワークや、デザイン、カタチ、雰囲気、そんな「目には見えない部分」にも携わっていくのがインテリアデザイナーといえるでしょう。

【門戸の広いインテリアコーディネーター】

インテリアデザイナーになるには、ほぼインテリアデザイン事務所を目指すほかありませんが、インテリアコーディネーターは、その仕事の裾野の広さでは利点があります。幅広い商品知識が活かせる場所、それは工務店などの施工会社であったり、カーテンを輸入販売する商社であったり、ハウスメーカーや家具屋さんであったりと、活躍できる場所が多いのが特徴です。住宅に用いる家具や仕上げの種類は、プロでも覚えきれないほど多種多様であり、素人であるクライアントの方は、どれを選んだらいいか、大抵は分かりません。いわば、「目利き」になることによって、クライアントの生活に快適さをもたらすことができるのです。

【図面を書くならインテリアデザイナーの道へ】

この二つの仕事の大きな違いは、「図面を書く必要があるか否か」ということです。インテリアデザイナーは、図面を各技術が必ず要求されますが、インテリアコーディネーターは、カタログからの選定で職場であれば、図面を書くスキルは必要ないかもしれません。ただし、どちらもパースなどのビジュアル表現には長けていることが要求されるので、美的なセンスは必要ですね。

よりトータルデザインに関わり、インテリアの「体験」という深いジャンルにこだわるのであればインテリアデザイナーに、目に見える範囲に絞って知識を活かしていくならばインテリアコーディネーターの道へす進むと良いでしょう。

口コミの最近記事

  1. 知っておきたい壁仕上げ【塗装編】

  2. こんなに沢山ある!水回りを快適にするタオルホルダーのデザイン

  3. イケア新シリーズ『METOT(メトード)』が開く新しいキッチンデザインの世界

  4. 【リノベーション】お風呂の床材、オススメはこれ

  5. 壁掛けテレビでスマートなリビングをつくるヒント

関連記事

PAGE TOP