インテリア資格、インテリアデザイナーニュース

  1. 口コミ
  2. 39 view

インテリアデザイナーとインテリアプランナーとの違い

インテリアの業界ほど、業務が分割され、かつその境界が曖昧な分野はないように思います。 一般的にインテリアのデザインを行う者は「取り敢えず」インテリアデザイナーと呼ばれます。しかし、事務所や部署、個人によってはデザイナーやプランナー、コーディネーター、コンサルティング等、明確に業務の範囲を定めているところもあります。この記事では、インテリアデザイナーとインテリアプランナーのそれぞれの業務の違いについて、綴っていきます。

クライアントの頼れるパートナーとなるインテリアデザイナー

インテリアデザイナーは、内装デザインに関わる企画から設計まで、幅広く行います。工事中においても、設計者(デザイナー)として、照明の調整、配色の選定、仕上げの選定など、クライアントと打ち合わせを重ね、トータルにそのプロジェクトに携わります。インテリアプランナーとの大きな違いは、インテリアデザイナーは最もクライアントに近くにいて、直接信頼を築きながら意見を交わして事業を進めていくところにあります。クライアントにとってプロジェクト全体を通して最も頼りになるパートナーとなります。

幅広い専門知識が求められるインテリアプランナー

インテリアプランナーは、内装デザインに関わる計画・設計、工事監理を行います。クライアントとの距離が近いインテリアデザイナーに対し、最も大きな違いは、インテリアプランナーは図面や空間そのものとの距離が近いと言えます。クライアントの要望を汲み取ったうえで、快適性や機能性、法律、コスト、家具、照明など、あらゆる状況を想定して空間をプランニング、図面を作成していきます。インテリアデザイナーと業務が重なる部分もありますが、インテリアプランナーは詳細図の作成や工事の監理も行っていくことから、より建築的な知識も含め、多くのことを勉強する必要があります。また、財団法人建築技術教育普及センターが認定している「インテリアプランナー」の資格もあります。

インテリアデザイナーとインテリアプランナーの活躍の場

プロジェクトにおけるクライアントとのパートナーとなるインテリアデザイナーは、個人のデザイン事務所を開いている場合が多いですが、年々職域が細かく分節化していく現代においては、組織の設計事務所やハウスメーカー、家具メーカーなどでインテリアデザイナーを置く場合もあります。その為、インテリアデザイナーとしてインテリアプランナー(あるいはその逆)も担う場合もありますが、会社が組織の場合は名称の問題であり、会社で異なる場合が現状です。ですが、クライアントとの関わりを重要視する個人デザイン事務所やアトリエの場合、あくまでインテリアデザイナーとして活動している場合が多いです。そのため、インテリアデザイナーあるいはプランナーを目指している人は、名称で判断するのではなく、実際にその会社や事務所が、どの部署を設けてそれぞれどのような活動・業務を行っているのかをしっかりと見極めた上で判断したほうが良いでしょう。また、社員として務める場合は、「インテリアコーディネーター」や「インテリアプランナー」の資格を取得している方が、給料等で優遇される場合もありますので、なるべく早い段階で取得することを推奨します。個人でデザイン事務所を開業する場合は、それこそプロジェクトの全てをトータルに関わる必要があるので業務の範囲や言葉の定義を明確にし、自分の職域を理解する必要があります。

口コミの最近記事

  1. インテリアデザイナーとインテリアプランナーの違い

  2. インテリアデザイナーの人気傾向

  3. インテリアデザイナーが気をつけるべき服装のポイント

  4. インテリアデザイナーが身につけるべき必要な能力

  5. インテリアデザイナーに必要な 知識

関連記事

インテリアデザイナー関連リンク

PAGE TOP