インテリア資格、インテリアデザイナーニュース

  1. 口コミ
  2. 39 view

インテリアデザイナーと仕事

インテリアデザイナーとしての仕事は働き方により違ってきます。仕事に取り組む姿勢によりインテリアデザイナーとしてのやりがいも違います。ここではインテリアデザイナーとは何か、どのような働き方や資格、やりがいなどについて述べます。

インテリアデザイナーとは

インテリアデザイナーとは建築における室内設計での基本的なインテリアデザインを行う専門家であり、建築設計者や施主などからの要望などを指示書やヒアリングを通し室内設計のたたき台として室内の基本設計となるインテリアをデザインすることです。
またインテリアデザイナーとは室内空間をインテリアデザインとして基本設計を行うばかりでなく、一般的には室内空間の基本設計をベースに建築設計者や施主などからの設計変更や要望に対し可能な限り対応し、時には専門家としてアドバイスしながら室内空間のデザインをまとめ、施工業者との打ち合わせや指示をしながら設計に基づいた仕上がりになるよう引き渡しまで進行していく専門家のことです。

インテリアデザイナーとしての主な働き方

インテリアデザイナーとしての主な働き方に二通りあります。
一つは室内空間の家具やカーテン、窓などサッシや照明器具などインテリア商品を扱うメーカーなどの設計部やショールームなどで、どちらかといえば自社商品を中心に室内空間を設計して、商品メーカー側から採用してもらうためのゼネコンや建築会社などへの提案営業であり、ショールームに訪れた顧客へより良い提案を行う働き方です。資格としては採用条件にもよりますが、特になくても採用後の研修などで間に合うことがありますが、採用のためにはインテリアコーディネーターなど関係する資格があったほうが有利になると思います。
もう一つは、戸建て住宅やマンションまたホテルやオフィスなど、あらゆる建築物の室内空間の設計を行うインテリアデザイナーとしても高度な知識・専門的な知識が求められる働き方で、インテリア事務所やゼネコン・建築会社などでの働き方です。
ここでのインテリアデザイナーは、企画・基本設計の段階から室内空間を完成させるまでかかわることになりますので、より高度な知識や専門的な知識とは室内空間のインテリアデザイン知識と監修する能力が求められます。
このような専門的な所でのインテリアデザイナーとして室内設計するにあたり、建築基準はもとより、関連する防災・電気・給排水などのことなども十分理解し、設計打合せや現場打合せなどでも対等に話し合っていける能力を十分持った上での働き方です。
資格としてはインテリアデザイナー・インテリアプランナー・インテリアコーディネーター・カラーコーディネーター・建築士などの資格などがあります。

インテリアデザイナーの仕事としてのやりがい

インテリアデザイナーの仕事として担当した案件がどんなに変更が多く、現場が完成するまでどんなに多忙であっても引き渡し時やその後依頼者に満足してもらえることがインテリアデザイナーの仕事としてやりがいです。
時には失敗もあるでしょうし、依頼者が満足しても自分としては納得できないことも出てきます。依頼主も自分も納得感や満足感が得られるよう知識を修得し経験を重ね常に努力できることがインテリアデザイナーの仕事としてのやりがいにもなります。
インテリアデザイナー事務所や建築会社などでの仕事内容は依頼主の要望は千差万別です、商品や施工方法もどんどん新しいものが出てきます、新しい情報を吸収しながら実力をつけ、また要望内容をメモとして記録するだけでなく即パースにして表現し確認することや、CAD設計で確認することなどの経験を重ね、経験・実績・信頼関係の構築などから将来は独立してインテリアデザイン事務所を設立するという夢を持てることもまた違ったやりがいになります。
その実現のため目標を具体的に設定する必要があり、目標に向かい担当する案件を責任もって着実にこなしながら更に専門知識や最新情報の収集と実践、美的センスや色彩感覚、造形能力も磨くと同時に依頼主などとの折衝能力も重要となりますのでコミュニケーション能力や経営センスもつけることが必要となり、このような目標に向かって行う仕事に対する姿勢はたとえ独立できなくても、インテリアデザイナーとしての仕事に自信や大きなやりがいを持つことにつながります。

口コミの最近記事

  1. インテリアデザイナーとインテリアプランナーの違い

  2. インテリアデザイナーの人気傾向

  3. インテリアデザイナーが気をつけるべき服装のポイント

  4. インテリアデザイナーが身につけるべき必要な能力

  5. インテリアデザイナーに必要な 知識

関連記事

インテリアデザイナー関連リンク

PAGE TOP