インテリア資格、インテリアデザイナーニュース

  1. 口コミ
  2. 13 view

インテリアデザイナーに必要な 知識

interia

インテリアデザイナーとして仕事を進めていくには、仕事の内容によってインテリアに関する基礎的な知識はもちろん担当する仕事に対する関連した建築や電気、施工方法やメンテナンス方法など専門的な知識が必要になります。またその他にクライアントや現場管理などのためのコミュニケーション能力なども円滑や誤解のないように進めるために必要な知識になります。

インテリアデザイナーに必要な基礎的知識

インテリアデザイナーとして仕事をするためには家具や照明器具、壁装材やカーテンなどインテリア商品に関心や興味があるだけでなく、単品を簡単なパースにすることや簡単な室内空間の設計図面が書けること、配置や見栄えなどなどの表現技術が必要な知識です。

そのほか、ウールマークやサービスヤードなどインテリアデザイン用語やカーテンウオールやウオークインクローゼットなどの建築用語なども打ち合わせなどをスムーズに進めるために必要な知識になります。

その他、ほとんどの会社ではPCによるCAD製図やCGパース作成などが日常的に利用されており、グラフィック処理なども含め打ち合わせや変更が出た時に簡単に処理するためなどに必要な基礎的知識となります。

インテリアデザイナーに必要な専門的知識

インテリアデザイナーとしてクライアントに満足してもらえるような、より良い空間デザインの提供をしていくためには、より専門的な知識が求められます。

住居部分のインテリアデザインでも新築やリフォームでは建築工法や建築構造などで提案内容が異なる場合があります、インテリアデザイナーでもクライアントからヒアリングし要望をかなえようとしても、どうしても無理なことがあり、その場合明確にノーと言えることも大事であり、その理由を説明し納得させ代案を提案できるような専門知識も必要です。また将来の家族構成においてリフォームしやすいように提案するのも経験や専門知識がなければできません。

また目的に合わせ住居部分の空間デザインではクライアントからのヒアリングにおいても、家族構成やライフスタイル、予算や完成までの納期、家具やカラーなどの要望を聞き出しイメージをデザインするだけでなく、そこを利用するクライアントの現在の家族構成だけでなく将来的な家族構成、健康状況や身長などヒアリングの中から言葉には出てこない部分の推測や配慮のために人間工学や心理学的要素など多面的に判断できるようにするための専門知識が必要になります。

インテリアデザイナーに必要なヒアリングやコミュニケーションなどの知識

住宅のインテリアデザイナーはクライアントに引き渡しで喜んでもらえる仕事をしなければなりませんが、そのためには最初にクライアントからのヒアリングが大きく影響します。ヒアリングが不十分な場合には、施工途中で変更が多くなり引き渡し時に不満が残ることになります。

不満が残らないようにするためには最初のヒアリングでライフスタイルや将来の予想される家族構成、リビングスペースや収納スペース、収納家具や水回りなどの設備商品に対する大きさや希望など十分に引き出せるヒアリングの知識が必要です。

またヒアリングの結果、イメージをデザインし提案し整理し具体化していくことになりますがヒアリングや具体化などではコミュニケーションの知識がとても大切になります。

インテリアデザイナーとクライアントや関係者が話を進めていくうえで、話しにくさやぎこちなさがあってはスムーズに運びません。相手からも自分からも変更や提案が自然にでき、設計担当者や施工業者とも意思疎通が十分に図れるコミュニケーション能力の知識や、デザインなどをクライアントなどに理解できるようにするために、提案内容に対し臨機応変に対応できるよう予備知識やカット見本などの事前準備、必要に応じてはショールームや展示場に案内し具体的に理解できるようなプレゼンテーション能力も知識として必要になり、経験を積み重ねることで知識が実践で活かせるようになります。

口コミの最近記事

  1. インテリアデザイナーの人気傾向

  2. インテリアデザイナーが気をつけるべき服装のポイント

  3. インテリアデザイナーが身につけるべき必要な能力

  4. インテリアデザイナーに必要な 知識

  5. インテリアデザイナーを目指す人が身につけるべきCAD技術

関連記事

インテリアデザイナー関連リンク

PAGE TOP