インテリア資格、インテリアデザイナーニュース

  1. 口コミ
  2. 25 view

インテリアデザイナーに 向いている人

interia

インテリアには伝統的な物や現代的な物、そして今までになかったような斬新的な物などが混在しています。インテリアデザイナーは、これら混在している多くの商品などをクライアントなどの要望に合わせセレクトしインテリアデザインとしてまとめ上げ、形として提供していかなければなりません。

これらインテリアの仕事を継続して行っていくためには、向いている人や向いていない人の傾向があります。ここでは向いている人に共通する傾向を示し、インテリアデザイナーとして仕事をしたい人で、もし不足していると思われるところがあれば参考にし、より良いインテリアデザイナーに挑戦してください。

インテリアデザイナーは明るくコミュニケーション能力のある人

インテリアデザイナーとして仕事を進めていくときに、多くの人達とかかわりを持ちながら最終的にクライアントから満足してもらえるように仕上げなければなりません。

そのためには笑顔だけでなく性格や話し方が明るく、いろいろな人との会話でも臨機応変に前向きに対応していけるコミュニケーション能力が必要となります。

インテリアデザイナーは健康で体力のある人

いくら明るくコミュニケーション能力があり、センスを生かした良いインテリアデザインでも仕事を進めるうえで、体の調子が悪く打合せなど満足にできず、また契約上の納期に間に合わせるための必要な休日返上や夜遅くまでの打ち合わせなど大事なことに穴をあけ、しょっちゅう代理を立てるなどで、関係する業者やクライアントに対し迷惑をかけるようではインテリアデザイナーとして失格となります。

担当するインテリアデザイナーとして自分が最後まで約束を果たせるよう健康維持と体力維持に自信を持てるように健康管理を十分できることが求められます。

インテリアデザイナーはひらめきやセンスがありアピールできる人

与えられた課題やテーマに対し作品作りに取り組むタイプに大きく二つあり、一つはじっくり考え時間をかけ試行錯誤を繰り返しながら慎重にとりかかるタイプと、テーマなどからひらめきやアイデアがどんどん出てきてとりかかるタイプがあり、どちらが優れているとは一概に言えませんが、インテリアデザイナーとして必要な要素としてひらめきやセンスがあります。

これは作品作りだけでなくクライアントなどとの会話を展開していく場合や、困難に直面したときなどにも大いに役に立つことがあります。また作品は見る人によってどのようにでも見ることができ評価しますが、インテリアデザイナーとしての意図を示すことにより、なるほどと見る人を納得させることもできます。作品を自由に評価させる場合もありますが、時にはアピール方法で見方を誘引することもできますし意図を理解させることができる大事な要素にもなります。

インテリアデザイナーは仕事の進め方などアレンジできる人

仕事を完成させるまでには材料納期の遅れや天候、価格高騰や納期変更など思いがけないいろいろなトラブルに出会います。担当するインテリアデザイナーとしてはどのようなトラブルにも対処できるアレンジ能力が必要です。

トラブルの原因を明確にし、解決するまでの仕事の流れを検討し適切にアレンジしトラブルによる支障を最小限にする必要があります。トラブルのたびに他人に頼ってばかりではなく自分で解決していく積極的な姿勢が求められます。

インテリアデザイナーは常に向上心を持っている人

インテリアデザイナーとして年中忙しいと思われても、自由な時間を工夫し体を休め、気分転換にデザインの流行や新製品の動向などを専門誌でチェックだけでなく、街中での確認や美術作品などの鑑賞や展示場の見学など積極的アクションしていくことがインテリアデザイナーとしての感性を豊かにしていくことになります。

インテリアデザイナーとして流行に敏感になるということは、関連することに常に向上心を持ちアクションをおこすことで仕事に生かせることにつながります。

インテリアデザイナーはトラブルや失敗を次に生かす工夫ができる人

インテリアデザイナーとして仕事が順調に進むばかりではありません、いろいろな難問に出会い、失敗し心が折れ自信を失いそうになる事もあります。

インテリアデザイナーとして経験年数に関係なく大小のトラブルが発生し、失敗することもありますが、そのような時にこそ同じ失敗を繰り返さないようしっかり自分自身に対しアフターフォローすることが必要です。失敗を失敗で終わらせない、失敗の原因究明とその経験を次に生かす不屈の精神が必要です。

口コミの最近記事

  1. インテリアデザイナーとインテリアプランナーの違い

  2. インテリアデザイナーの人気傾向

  3. インテリアデザイナーが気をつけるべき服装のポイント

  4. インテリアデザイナーが身につけるべき必要な能力

  5. インテリアデザイナーに必要な 知識

関連記事

インテリアデザイナー関連リンク

PAGE TOP