インテリア資格、インテリアデザイナーニュース

  1. 口コミ
  2. 75 view

インテリアデザイナーの 仕事内容

インテリアデザイナーの仕事内容は一定のコンセプトにもとづき室内空間をデザインしたり、インテリア用品をデザインしたりすることなどです。ここではインテリアデザイナーの仕事内容についてもう少し整理して紹介します。

インテリアデザイナーの仕事内容は大きく2つに分かれる

インテリアデザイナーの仕事内容は室内のカーテンや壁装材、家具や照明器具などインテリア商品と呼ばれる室内装飾品や室内調度品など特定の商品をデザインし、カラーや形、大きさなどをデザインし、試作品や商品化まで担当する仕事もあります。

一方で室内装飾品や室内調度品などの単品商品やシステム商品を取り入れ、組み合わせて室内空間全体のインテリアをデザインし、手書きの平面図やパースを作成、またパソコンソフトを利用して作成し、決定したデザインで現場管理から引き渡しまで担当する仕事内容もあります。

インテリアデザイナーとして特定商品をデザインする仕事内容

室内装飾品や室内調度品にはカーテンや壁装材、家具や照明器具だけでなく花瓶や絵画などの額、時計やドアなどたくさんあり、担当する商品について営業担当者や製造担当者などと打合せしながら現行商品のデザイン変更や、新製品に合わせたデザインの考案などします。

また住宅用か事務所用か、室内でも建物用か乗り物用かでもデザインを変えることもあり、一定のコンセプトに基づいたデザインを工夫、さらに自ら斬新で操作しやすいデザインなどを考案していくこともあります。

インテリアデザイナーとして室内空間をデザインする仕事内容

インテリアデザイナーとして室内全体の空間をデザインする仕事内容としては、設計者やクライアント、また施工業や納入業者など関連する人たちと連携しながら進めていきます。

室内空間は見た目だけのデザインや空間ではなく、住宅や事務所、病院や娯楽施設、自動車内部などの違いなどにより、求められる快適性や機能性など異なり、ベテランのインテリアデザイナーになると、それぞれの商品知識やインテリアデザインだけでなく人間工学や心理学的な要素も十分考慮した仕事ができるようになります。

またインテリアデザイナーとして当初のデザインからクライアントに引き渡すまで関係者と打合せをし、引き渡しまで責任をもって工程管理や現場管理を行います。

インテリアデザイナー仕事内容の一般的な流れ

インテリアデザイナーの行う室内空間としてのインテリアデザインに対する一般的な仕事内容の流れとして、設計や営業担当また直接クライアントから室内空間に対するイメージや要望などを確認します。

ここで大事になるのは一方的にクライアントなどのいうことを聞くだけではなく、予算やカラーに対するイメージ、使用する主な年齢層など細かくヒアリングすることでその後の確認事項が少なくなり作業がはかどります。

次にヒアリングした内容からデザインプランを作成し、イメージしやすいようにパースなどで利用する素材や機能性などを説明し、必要があれば模型なども作ってより具体的に理解できるようにします。

次に提案に対する微調整を行い、概算を出すために図面や仕様を施工業者などに渡し、見積もり依頼し、最終デザインプランや金額について確認が取れれば、クライアントなどと具体的に使用する壁装材やカラー、材質や位置関係など細部を決め、施工業者と打合せしながら引き渡しまでイメージ通りに仕上がっているか、工期通り進捗しているかなど現場管理を行います。

 

インテリアデザイナーの 仕事内容で大切なこと

インテリアデザイナーの 仕事内容で大事なことは、クライアントの思いをしっかり引き出しパースなどで分かりやすく説明することです、またクライアントは一般的に部分的な知識があっても室内空間全体でのバランスや色使い、素材によるメンテナンスのしやすさの違いなど不明なことが多く途中で迷いを生じたりすることも普通にあることです。

また新製品の施工には業者も迷うこともあります、そこでインテリアデザイナーが的確なアドバイスできるように経験の積み重ねと、たゆまぬ施工事例や新製品などの情報収集などで、どのような質問が出ても適切なアドバイスができるようにしておくことが大切なことです。

口コミの最近記事

  1. インテリアデザイナーとインテリアプランナーの違い

  2. インテリアデザイナーの人気傾向

  3. インテリアデザイナーが気をつけるべき服装のポイント

  4. インテリアデザイナーが身につけるべき必要な能力

  5. インテリアデザイナーに必要な 知識

関連記事

インテリアデザイナー関連リンク

PAGE TOP