インテリア資格、インテリアデザイナーニュース

  1. 口コミ
  2. 167 view

インテリアデザイナー とインテリアコーディネーターの違い

失敗しないインテリアデザイナーのおすすめ通信講座!

インテリア関係の仕事にたずさわろうとした場合、自分でインテリアに関心があり、意欲があれば特に資格など気にせずインテリアに関した仕事をすることができます。しかし採用側の条件としてインテリアデザイナーやインテリアコーディネーターの資格など求められることもありますので、その違いについてまとめてみましたので参考にしてください。

インテリアデザイナーとは

インテリアデザイナーとは一般的に室内のインテリアデザインなど企画・基本設計の段階から室内空間の創造にかかわる設計を行う人のことを言い、特に資格がなくても経験の積み重ねなどでたずさわることができますが一般的にはインテリアデザイナーやインテリアコーディネーターなどの資格を持った人が仕事を進めるうえで称しています。

働き方は大きく二つに分けられ、インテリアデザイン事務所やハウスメーカー、住宅設備機器メーカーなどで住宅や事務所、ホテルや商店などの内装や、家具・照明器具などあらゆる室内空間の設計を行い、建築設計者や施工業者、依頼者などと打ち合わせを重ねながら施工可能なデザインにまとめていく働き方と家具やカーテン、照明器具などのメーカーなどで一定のコンセプトに沿ってインテリア用品のデザインを設計する働き方です。

また担当する分野によって、照明デザイナーや家具デザイナー、スペースデザイナーや空間デザイナーなどと称することもあります。

インテリアコーディネーターとは

インテリアコーディネーターとは、インテリアコーディネーターの資格を持った人のことを称し、クライアントの要望により建築物内のインテリアプランや家具や照明など選び方のアドバイスなどを行います。

またインテリアコーディネーターは室内のインテリア部分だけでなく住宅や商品に関する建築や構造、仕様や法的なことなど関連する幅広い知識を持ち資格認定されているということから採用する企業側やクライアントである依頼者に安心感を与えることにつながりなります。

インテリアコーディネーターはクライアントの要望などをしっかりヒアリングしながら壁紙やカーテン、家具や照明等の商品やカラーなどをトータルにプロデュースしクライアントのライフスタイルに最適な空間づくりを提案していきます。

インテリアデザイナーの資格取得方法

インテリアデザイナーの受験資格条件は特になく、日本デザインプランナー協会が実施認定するする民間資格で、受験料を支払い申し込むことで2ヵ月ごとに開催するインテリアに関する商品知識や販売技術、インテリアデザイナーとしての理解力や表現力が問われる試験を会場に行かず自宅で受験するシステムとなっています。

受験は送られてきた試験問題を自宅で回答し期限内に送付し、合格することでインテリアデザイナーの資格を取得することができます。

また日本デザインプランナー協会が指定するスペシャル講座を受講し、卒業課題を提出することで試験免除によりインテリアデザイナーの資格が講座卒業と同時に取得することが出来ます。

インテリアコーディネーターの資格取得方法

インテリアコーディネーター資格は社団法人インテリア産業協会が認定する民間資格で、以前あった受験資格の年齢制限がなくなり年1回全国主要都市で同時に実施されます。

試験は1次試験と2次試験がありそれぞれに合格することでインテリアコーディネーターの資格を取得することができます。1次試験はインテリア商品と販売の基礎知識とインテリア計画と技術の基礎知識の科目で1次試験を合格した人が2次試験の論文試験とプレゼンテーション試験」を受験することができます。 1次試験の2科目のうち、1科目に合格した場合には、次年度から3年間は合格科目の受験が免除されます。また1次試験に合格し、2次試験で不合格になった場合は、次年度から3年間は1次試験が免除されます。

インテリアデザイナーとインテリアコーディネーターの仕事の違い

インテリアデザイナーとインテリアコーディネーターの仕事には大きな違いはありません、資格を取得しているかだけではなく、職場環境や経験の積み重ね、プレゼンテーション能力、本人の意欲などで違ってきます。

インテリアデザイナーの仕事

一般的には家具メーカーやデザイン事務所などに所属し、室内のインテリアデザインなど企画・基本設計の段階から室内空間の創造にかかわる設計などにかかわる仕事になります。

また知識を習得しながら現場で実務経験を重ね実力をつけ、独立してデザイン事務所を設立する人やフリーランスで事務所を設け、自分でデザインした家具やインテリア雑貨を制作・販売する人もいます。

インテリアコーディネーターの仕事

インテリアコーディネーターの資格取得している人は、仕事の前提となる各種基礎知識やプレゼンテーション能力をすでに持っている人であるということから、即戦力としてインテリアプランの作成や商品をを選ぶ場合のアドバイスなどを行う仕事にたずさわることができます。

具体的な仕事としてはインテリアメーカーやインテリアのディーラーまた住宅メーカーや設計事務所やデパートなどでの仕事があるほか人脈など利用し独立して仕事をすることもできます。

口コミの最近記事

  1. インテリアデザイナーとインテリアプランナーの違い

  2. インテリアデザイナーの人気傾向

  3. インテリアデザイナーが気をつけるべき服装のポイント

  4. インテリアデザイナーが身につけるべき必要な能力

  5. インテリアデザイナーに必要な 知識

関連記事

インテリアデザイナー関連リンク

PAGE TOP