インテリア資格、インテリアデザイナーニュース

  1. 口コミ
  2. 592 view

インテリアデザイナー とインテリアプランナー

インテリア関係の資格として、インテリアデザイナーやインテリアプランナーなどの資格があり、それぞれ資格取得のための資格授与機関や試験内容、難易度や業界での資格に対する認知度も違います。それぞれの資格内容や違いなど、また共通することなどについて説明します。

インテリアデザイナーの資格取得方法

インテリアデザイナーの資格を取得するには受験のための条件は特になく、日本デザインプランナー協会が認定する民間資格で、資格を取得するとインテリアデザイナーと称することができます。

試験は2ヵ月ごとに実施され、自宅でも受験することができます。また資格を認定する日本デザインプランナー協会が指定する講座を受講し、最後の卒業課題を提出し合格することで改めて受験することなくインテリアデザイナーの資格が講座卒業と同時に取得することが出来ます。

自宅受験の場合には受験申込により試験問題が送られてきます。試験問題内容はインテリアに関する商品知識や販売技術、インテリアデザイナーとしての理解力や表現力となっており、教本やネットで検索したりするなどして期限内に回答用紙返却し、合格することでインテリアデザイナーの資格を取得することができます。

インテリアプランナーの資格取得方法

インテリアプランナーの資格取得方法はインテリアデザイナーの資格取得と比較すると難易度がかなり高くなります。資格の認定は公益財団法人建築技術教育普及センターが全国主要都市9か所で6月に実施する2時間30分の学科試験と、11月沖縄を除く全国8か所で実施する6時間の設計製図試験の両方を受験し、両方に合格することでインテリアプランナーの資格取得ができます。

学科試験は4枝択一式の50問で出題内容が示され、設計製図試験は設計主旨、平面図、断面図、展開図などの要求図書の中から指定され、また設計課題が別に示されます。

また設計製図試験は学科試験を合格した人のほか、学科試験を免除される人は学科試験合格してから5年以内の人やインテリアコーディネーター、一級・二級・木造建築士などの建築士など有資格者です。

インテリアデザイナー とインテリアプランナーの仕事の違い

インテリアのことに関心が高く、また学校でインテリア関連を勉強することで将来はインテリア関係の仕事につきたいと考えた時の現実的な対応は、資格がなくても自分がやれそうなインテリア関連の仕事ができる企業に入社後経験などを積み重ねながら、取得しやすい資格から取得していく方法もあります。しかし就活にあたり資格を持っていない人と資格取得者では、入社後に与えられる仕事の内容が違います。

インテリアデザイナーの資格取得者は一般的には家具や照明器具、カーテンや壁装材など特定のメーカーで室内における自社商品をデザインしていきます。またインテリア事務所などでは室内全体のデザインをクライアントの要望を確認しながら企画設計から完成引き渡しまで施工業者などと調整しながら仕事をしていきます。

インテリアプランナーはインテリアコーディネーターとよく混同されますが、仕事としての内容はより専門的になります。またインテリアプランナーの仕事は、インテリアデザイナーの仕事に比べインテリアだけでなく建築全般的な知識を持ち、さらにインテリアのプロとして空間に対する提案やプランを検討・デザインする仕事で、より高度で総合的な専門知識が求められ多様化するニーズの中でクライアントの要望や与えられたコンセプトにより自らデザインした空間が出来上がるまでの施工業者との打ち合わせ、現場管理そして完成まで責任をもって仕上げていくトータル的な仕事になります。

インテリアデザイナー とインテリアプランナーの共通点

仕事として室内のインテリア空間を要望や与えられたコンセプトに対し、試行錯誤しながらいかに自分のアイデアで表現し、その結果が評価されることからインテリアデザイナー とインテリアプランナーで資格取得上の試験難易度や仕事の範囲、名刺上の肩書に対する認識の程度に多少の違いがあったとしてもインテリアに関する志は基本的に同じです。

どちらも特別な才能やセンスを求められることではなく、素直なコミュニケーション能力や想像力、新製品などのチェックやなどたゆまぬ探求心など志は同じで共通点となります。

口コミの最近記事

  1. インテリアデザイナーとインテリアプランナーの違い

  2. インテリアデザイナーの人気傾向

  3. インテリアデザイナーが気をつけるべき服装のポイント

  4. インテリアデザイナーが身につけるべき必要な能力

  5. インテリアデザイナーに必要な 知識

関連記事

インテリアデザイナー関連リンク

PAGE TOP