インテリア資格、インテリアデザイナーニュース

  1. 口コミ
  2. 20 view

インテリア設計士ってどんな資格?

interia

【インテリア設計士って?】

インテリア設計士という聞きなれない資格名ですが、れっきとした国家資格です。インテリアプランナーや建築士が国土交通省の所管する資格であるのに対し、インテリア設計士は経済産業省が所管しています。例えるなら、保育園と幼稚園のようなもので、同じ技術や知識を、それぞれ異なる切り取り方をしている、と見ればよいかと思います。

【どんな性質の資格なの?】

建物の躯体などのハードな部分をスケルトンと呼び、あとの残りの部分、すなわち設備や下地、仕上げ、造作物、家具などをインフィルと呼びます。インテリア設計士は、この「インフィル」に関わる仕事を行うことのできる資格です。学ぶ範囲は、これまでのデザインの歴史などの知識から、実務的な技術までとてtも幅広く、インテリアを「設計」するために特化したスキルを身につける、と言うべきでしょう。

【受験資格や、試験はどうなっているの?】

誰でも受験資格があるというわけではありません。インテリア設計士の資格は1級と2級に分かれており、2級は学歴または実務経験のどちらかが、1級はその両方が必要です。試験は年1回で、学科試験と実技試験の2段階に分かれており、両方に合格する必要があります。

【他のインテリア系の資格とはどう違う?】

難易度から言うと、インテリアコーディネーター→インテリア設計士→インテリアプランナーという順番になります。インテリアコーディネーターは、仕上げや住宅機器などを、目に見える部分を「選ぶ」のが主な業務なのに対し、インテリア設計士とインテリアプランナーはより「設計」、つまり図面を書くことが業務の範囲になってきます。インテリアプランナーは、さらにプロジェクトを総合的に統括することのできる資格です。より規模の大きな仕事に携わっていくためには必要な資格と言えるでしょう。

【どんな魅力がある?】

インテリア設計士の資格は、インテリア系の資格の中でも、設計をしたい人にとって、もっとも手軽に入手できる資格です。建築の資格は、高度に専門的で、実技試験も特にハードと言われています。今しているインテリアの仕事の範囲外のことも多く学ばなければなりませんし、内容的にも技術>デザインです。。インテリア設計士は、試験のハードルが低く設定されていますので、仕事をするために、「何か資格的な肩書きが欲しい」「いずれ建築士の資格を取るためのステップを踏みたい」という場合には、検討に値するでしょう。

口コミの最近記事

  1. インテリアデザイナーの人気傾向

  2. インテリアデザイナーが気をつけるべき服装のポイント

  3. インテリアデザイナーが身につけるべき必要な能力

  4. インテリアデザイナーに必要な 知識

  5. インテリアデザイナーを目指す人が身につけるべきCAD技術

関連記事

インテリアデザイナー関連リンク

PAGE TOP