インテリア資格、インテリアデザイナーニュース

  1. 口コミ
  2. 10 view

リノベーションの参考に!キッチンレイアウト別チェックポイント

interia

共働きの家庭でもそうでなくても、キッチンは一日の家事とコミュニケーションの中心的存在っていう人は多いはずです。そんな大切なキッチンを長く快適に使うために、レイアウトごとにどんな注意点があるのか?を紹介します。

対面型

ダイニングに向けてキッチンカウンターを設けた対面式のレイアウトは、新築のマンションなどではほぼお決まりといっていいほど定番のレイアウトになりました。このレイアウトの場合は、ダイニングからキッチンの反対側の壁が良く見える場所になるので、ここに注意を払う必要があります。遊びに来たお客さんをもてなしている間も、常にその壁に目が行きますので、スッキリとキャビネットを組んでミニマルな「壁」にしておくか、オープンシェルフをふんだんにとりれて、あえて「見せる」インテリアを取るのか、選びましょう。

壁付け型

壁付け型は、対面式が流行するまで、ほぼすべてのキッチンレイアウトのスタンダードでした。壁に向かって一直線にカウンターがあるので、明快なレイアウトの分、生活感がダイニングに漏れて行き勝ちというデメリットもあります。すべてをキャビネットに隠すというのもなかなか現実的には難しいものです。そこで、オープンシェルフやキッチンツールを引っ掛けるバーを活用して、美しい壁面レイアウトをあらかじめ考えておくことが大事です。また、オープンシェルフにおくものも、実用的一辺倒にならずに、好きな小物や本などを合わせてディスプレイすると、雰囲気に柔らかさが生まれやすいです。

L字型

L字型に壁面やキャビネット、キッチンカウンターを構成するので、インテリアの水平線を強調しやすいという特性があります。カウンター上の壁面や、足元の幅木など、L字に連続する要素を揃えてディテールを解いてあげることで、スッキリとしたキッチンになります。L字型のレイアウトでは、ダイニングテーブルをキッチンとセットでレイアウトする場合も多いと思いますので、キャビネットとダイニングのマテリアルに関連性をもたせるなどの工夫があると、まとまりあるインテリアにすることができるでしょう。

アイランド型

アイランドキッチンは、キッチンカウンターの周囲を動線にしている比較的余裕のあるプランです。このレイアウトの場合は、キッチン、ダイニング、リビングが一体となったスペースを形成していることが多いので、ススッキリ見せるニーズは一番高いかもしれません。キッチンのキャビネット側も見えてしまうので、収納力を高めて、余計なものを見せない工夫が必要です。キッチンらしさにこだわるよりも、リビングの風景の一部になるように、キッチン自体はシンプルに仕上げ、情報量を抑えたほうが成功します。

まとめ

レイアウトによって、キッチンの注意点はずいぶん違うものです。自分の好みのインテリアにできるのは、どのレイアウトなのかを考えてみることも大事ですし、とはいえ面積的な制限の中で、キッチンのレイアウトが必然的に決まるケースも多いと思います。レイアウトにあったデザインを考えることが、その後長く愛着をもって使う秘訣になるでしょう。

口コミの最近記事

  1. 知っておきたい壁仕上げ【塗装編】

  2. こんなに沢山ある!水回りを快適にするタオルホルダーのデザイン

  3. イケア新シリーズ『METOT(メトード)』が開く新しいキッチンデザインの世界

  4. 【リノベーション】お風呂の床材、オススメはこれ

  5. 壁掛けテレビでスマートなリビングをつくるヒント

関連記事

PAGE TOP