インテリア資格、インテリアデザイナーニュース

  1. 口コミ
  2. 16 view

似ている職業

interia

インテリア・建築関係の職種でもたくさんの種類があります。自分の将来を考える際、インテリア関係の仕事をしたいと思っても、どういう違いがあるのか分かりにくいものもあります。そこでここではインテリアデザイナーと比較しながら、似ている職業を紹介したいと思います。

職業

インテリアコーディネーター

インテリアデザイナーと最も似ている職業です。インテリアデザイナーは店舗や飲食店などの機能性よりも人々の印象の残るデザインを求められる商業空間を手掛けることが多く、インテリアコーディネーターはそれとは違い、何年そこにいても飽きない、落ち着いたデザインが求められる住空間を主に手掛けています。このように性質が異なるため、提案内容も大きく変わってきます。インテリアデザイナーは自分のデザインを中心に考え、それを気に入った顧客を受け入れることが多いです。一方、インテリアコーディネーターは顧客を受け入れてから顧客の要望にあったインテリアを提供したり、デザインをすることが多い点が大きく異なります。そしてインテリアコーディネーターには民間資格が存在します。

インテリアプランナー

インテリアプランナーはインテリアのプランニングのおける、計画・設計・工事監理を行います。インテリアに関する知識と技術に習熟した専門家にあたり、壁紙や床、天井などの色や形のデザインの観点から企画、設計、工事監理のトータルプランニングするのでインテリア関係の仕事の中でも建築士よりな職業になります。インテリアデザイナーは幅広い知識が必要となりますが、インテリアプランナーはより専門的な職業であるといえます。

空間デザイナー

空間デザイナーは室内・室外問わず空間をデザインします。何もない空間を設計・デザインし、一つの空間とするために設計・施工まで行うのが仕事になります。商業空間を多く手掛け、幅広くデザインするという点に関してはインテリアデザイナーと似ていますが、空間デザイナーは室外のデザインも手がけ、すべてを一つの空間としてデザインをする点が大きく異なります。そのためインテリアデザイナーとエクステリアデザイナー(庭や門など外部をデザインする仕事)を混合した職業ともいえます。

建築デザイナー

建築デザイナーは、住宅やビルなどの建築物をデザイン・設計するのが仕事です。住宅メーカーへの販売が多く、注文住宅、建売住宅どちらも手がけます。構造や骨組もデザインするので建築士の資格が必要となります。なので建築デザイナーは建物の構造から内装まで、すべてを手掛けられますが、インテリアデザイナーは柱や壁など構造に関するデザインを変えることは、建築士の資格を持っていない限りできません。

口コミの最近記事

  1. 知っておきたい壁仕上げ【塗装編】

  2. こんなに沢山ある!水回りを快適にするタオルホルダーのデザイン

  3. イケア新シリーズ『METOT(メトード)』が開く新しいキッチンデザインの世界

  4. 【リノベーション】お風呂の床材、オススメはこれ

  5. 壁掛けテレビでスマートなリビングをつくるヒント

関連記事

PAGE TOP