interia

壁掛けテレビでスマートなリビングをつくるヒント

口コミ

テレビはテレビボードの上に置いて使っているおうちが多いと思いますが、ソファからテレビを含めたリビング回りのインテリアをスッキリと見せるなら、壁掛けテレビもかなりお勧めです。家具的に「置く」のではなく、壁に「掛ける」ことで、テレビがインテリアの一部になります。ちょっとした工夫やヒントをお知らせします。

配線を上手に隠す方法は?

壁に掛けられたテレビモニターから、ぶらりとコードが垂れていては興ざめですよね。折角壁掛けでスマートなリビングを実現するのなら、マートさは大事なポイントです。ではどのように配線を隠したらいいのでしょうか?

アクセントウォールでインテリアも格上げ

ひとつ目は、アクセントウォールです。テレビモニターの背景となる壁を新たに立ち上げます。既存の壁から数センチ~10センチくらい、浮かせて作るのがいいでしょう。この隙間に配線スペースを確保することで、配線はまったく見えなくなります。それだけではなく、アクセントウォールのマテリアルを自分好みに仕立てることで、インテリアにもおしゃれになりますよ。人気があるのはやはりウッド。アンティークな羽目板や、粗い仕上げの古材など、クセのある素材もサマになります。テレビは黒くて光沢のある、強力なインテリア要素なので、ナチュラルな仕上げで中和するのがお勧めです。

造作家具を上手に使う

壁掛けテレビを取り付ける壁一面を、キャビネットやウォールシェルフに、新規の加えた造作家具で作りこむ方法です。テレビ回りのフラワーベースやスタンド照明のおき場所を確保するだけではなく、配線スペースを使って棚下や足元に間接照明を仕込むことも自在にできるようになります。配線もすっきりとし、照明でムードも抜群、寛ぎや雰囲気のよさ、高級感を求めるラグジュアリーなリビングにお勧めです。

レイアウトを楽しむ

ピクチャーフレーム

テレビモニターを壁面の一部にすることで、アートや写真などのフレームアイテムと同列でレイアウトすることが可能になります。テレビだけが目立つのはちょっと避けたい…という場合には、これらのフレームをモニターを上手にレイアウトして、テレビの「強さ」を紛らわすのもひとつのテクニックです。

アシンメトリーにレイアウト

テレビってどうしてもリビングの中心に来てしまいがち。シンメトリーなレイアウトは、そこにソファをあわせなければおかしくなってしまったりと、リビングの家具レイアウトにも制限を感じてしまい勝ちです。そんなときは、テレビをわざと脇に偏らせるレイアウトを採用しましょう。例えば、片方にブックシェルフやキャビネットなどの収納ゾーンを作って、片側にテレビゾーンを作るなど、バランスのいいレイアウトを作っておくと、ソファを置く位置もわりと自由に決めることができるようになりますよ。

まとめ

テレビの置き方や位置は、リビングでもっとも慎重に決めたい重要な要素です。壁掛けにすることでテレビよりインテリアの一部になり、スマートな印象を作ることができますよ。

インテリアデザイナー  インテリアデザイナー