インテリア資格、インテリアデザイナーニュース

  1. 口コミ
  2. 11 view

女性に人気の資格ランキング

interia

女性に人気の資格ランキング

センスを活かす、おしゃれに楽しく働きたい、だから資格をとりたい。資格をとる目的は、もちろん仕事につなげるためです。たとえその業種が未経験でも資格をもっていることで、私はこれができますと証明し、初心者との間に一線を引くことが可能です。例えばデザイン業のように、学歴より実績が重視される分野の場合、資格はキャリアをスタートするための武器になります。今回は女性に人気の資格ベスト5をご紹介します。

1位 インテリアデザイナー

インテリアが好き、センスには自信がある!という人なら、一度は気になる資格です。インテリアデザイナーに必須の資格、というものはないので、資格をとらなくてもインテリアデザイナーになることはできます。しかし、全くの未経験で、特に専門学校や大学などで学んだ経歴もない場合など、やはり資格を持っているほうが就職の可能性を高められるでしょう。インテリアデザイナーにはセンスはもちろん、家具デザインや空間デザインなど、さまざまな分野の専門知識が求められます。仕事をするために必要な知識を体系的に身につけるためにも、資格取得を目標に学習をすすめることがおすすめです。

2位 POPデザイナー

店舗の雰囲気や販売の促進に関わるPOPデザイン。広告や販売など、POPデザイナーの活躍できる業種は様々です。広告やデザインといった業種に興味はあるけれど、それって食べていけるの?と思われるかもしれません。デザインというと一般的にセンスが重要なイメージですが、実際に仕事をするためには配色やレイアウトのといった専門知識が必須です。けして特別な才能が求められる業種ではなく、また、きちんと勉強しなければできない仕事ということになります。実践的なスキルは仕事をしながら身につけるものですが、資格を取得し「必須の知識は持っている」と証明することは、就転職の際に役立つでしょう。

3位 ファッションデザイナー

月に何冊もファッション誌を読む、常に流行をチェックしている…ファッションデザイナーを目ざすためには、まずファッションが好き!という気持ちが大切です。そこから一歩進み、職業としてファッションを考える場合、ファッションデザイナーの資格を取得しておくことがおすすめです。ファッションデザイナーになるためには、見た目だけではなく機能の面でも優れたデザインを作り出せる、しっかしとした知識と技術が必須。配色などデザインの知識のほか、ファッション特有の名称や洋裁技術など、求められるものは多岐にわたります。憧れる人が多い分、競争率の高い仕事のため、1歩でも有利になるためにも資格を取得しておくべきでしょう。

4位 フラワーアレンジメントデザイナー

色とりどりの花を美しくまとめた花束は、女性なら誰でも胸がときめくものです。フラワーアレンジメントデザインは、他のデザインの仕事と異なり、生き物である花を扱うので、通常のデザインの知識に加え、花・植物の知識も必要になります。もし職業としてフラワーアレンジメントデザイナーになりたい!と考える場合は、専門の資格をとることがおすすめ。趣味として学びたいという人も多いので、資格を持っていれば講師という道もあります。

5位 カラーアドバイザー

女性が憧れる華やかな仕事。そのどの業種に進むとしても役立ち、場合によっては必須ともいえるのがカラーの知識です。カラーの資格としておすすめのものの一つが、カラーアドバイザーの資格です。この資格は、配色のルールはもちろん、色が与える心理的な効果についてもしっかりとした知識を持っていることを証明。他の業種にも活用できるだけではなく、カラーの専門家としての仕事につなげることも可能です。

口コミの最近記事

  1. 知っておきたい壁仕上げ【塗装編】

  2. こんなに沢山ある!水回りを快適にするタオルホルダーのデザイン

  3. イケア新シリーズ『METOT(メトード)』が開く新しいキッチンデザインの世界

  4. 【リノベーション】お風呂の床材、オススメはこれ

  5. 壁掛けテレビでスマートなリビングをつくるヒント

関連記事

PAGE TOP