interia

対面式キッチンのメリットデメリット

口コミ

対面式キッチンは、今のキッチンダイニングのトレンドですよね。一般的に、キッチンカウンターを壁に付けずに、部屋の内側向きに設置して、その向こう側にダイニングスペースを設けるのが対面式キッチンです。トレンドだからといって、誰にも彼にも向いているというわけではありません。しっかりとメリット・デメリットを把握して、自宅にあったスタイルを選びましょう。

メリット1.コミュニケーション大好きなひとにオススメ

対面式の流行る大きな理由は、コミュニケーションできることです。作業しながら、体はダイニングの方を向いていますので、お子さんの宿題を見ながら夕飯の支度をしたり、家族との距離感を縮めるダイニングキッチンにできそうです。また、来客時にも、団欒に参加しながらキッチンで作業できるのはポイント高いですよね。集中して調理する「厨房」ではなくて、「ながら調理」ができるキッチン。それが対面式の大きなメリットです。

メリット2.ダイニングとキッチンの距離感を自在にコントロール

対面式といっても、キッチンとカウンターとダイニングテーブルの間には、腰壁などでつい立ててあるのが普通ですよね。この腰壁の作り方次第で、キッチンとダイニングの距離感にさまざまなバリエーションが生まれるんです。対面式キッチンでは、キッチン台と同じくらい、こだわるべきポイントです。カウンターを設けてお皿のやりとりをしやすくしたものから、収納を設けたもの、天吊りキャビネットを加えてより仕切りを強化したものなど。耐熱ガラスを加えて油はねを抑える工夫をしたものなどもあります。どの程度、コミュニケーションしたいか?それを決められるのも、対面キッチンの良いところでしょう。

デメリット1.オープンな雰囲気でも大丈夫?

対面式キッチンは、あくまでダイニングスペースに、キッチンが「吸い寄せられた」関係にあります。そのため、キッチンの雑然とした感じ、生活感が丸見えになってしまうことも。先に書いた腰壁で、ある程度は視線を遮断できるものの、やはり独立型のキッチンと比べればオープンスペースにキッチンが置いてある、という雰囲気です。ある程度のキレイさに、いつも保つことができないのであれば、ちょっと対面式はオススメできないかもしれません。

デメリット2.動線も、面積も、余分に掛かります

今の新築住宅や中古住宅のリノベーションなどでも、ネコも杓子も対面式キッチンを選びがち。ただし、クローズ方のキッチンと比べて、スペースも動線も余分に必要なのです。キッチンで作業して、ダイニングに回って…とこの繰り返し、人によってはいい運動とも、気にならないとも言われますが、逆に面倒くささを感じてしまうケースも多々あります。また、必要な面積も多いため、コンパクトなスペースしかないのに、無理やり詰め込むのも考えもの。あくまで、リビングとのバランスの中で、対面式を採用するか考える必要があるのです。

まとめ

いまやデフォルトと化している対面式キッチンですが、改めて、独立型、壁付け型のキッチンのよさも見えてくるのではないかと思います。自分のライフスタイルにあったキッチンスタイルを選んで、ストレスフリーなキッチンライフを送りましょう。

インテリアデザイナー  インテリアデザイナー