インテリア資格、インテリアデザイナーニュース

  1. 口コミ
  2. 15 view

知っておきたいフローリング材の基本【ビニル系床材編】

interia

フローリング材にもいろいろありますが、ビニル系床材に絞って、種類や特徴を紹介します。どれにも共通しているのは、ビニル系の床素材なので、耐水性と印刷性に優れているということです。住宅では水周りを中心に使用され、また石、木、などさまざなま仕上げが印刷できることから、手軽に使用できる床材として用いられています。

1.クッションフロア

印刷を施したビニルシートを、クッション性のある中間層を挟み、不織布などの裏打ち材で仕上げたものです。表面は印刷に加えて、エンボスや凹凸加工を施すことで、木目調や石目調、タイル調、パターンなど、さまざまな仕上げを模すことができます。耐水性に優れ、脚ざわりもソフトなことから、水回りでの需要が多く、マンションなどの洗面所では標準的にこのクッションフロアが使われています。

メリットは、何といってもそのコストの安さです。メーター1000¥程度からラインナップがあり、フローリングやそのほかの床材と比べても圧倒的なコスト上の利点があります。表面の仕上げも、イミテーションとはいえ、雰囲気を選ぶことができるので、コストコンシャスな場所では必ずというほど使われてきた経緯があります。

2.ビニル床タイル

通称でPタイル(この呼称は(株)タジマの商品名です)などとも呼ばれる、硬質塩ビ系のタイルです。一般的には、30~60センチ角、厚み2~3mmの薄板状の素材で、表面は平滑なものからエンボスを施したもの、また多様なカラーラインナップが揃っているのが特徴です。単色のものから、印刷を施したもの、マーブルなどの柄があるものなど、多品種が揃っており、耐荷重性にも優れるため、住宅だけではなく、商業施設などでも用いられてきました。タイルというと、目地が必要なイメージがあるかと思いますが、ビニル床タイルは目地なしで(突きつけで)仕上げることができ、見た目には平滑に連続した意匠をつくることができます。また、タイルという形状を生かして、市松状に貼ったり、複雑なカットをしてオリジナルのパターンやシンボルを作ったりすることもできます。

3.ビニル床シート

同じビニル系の床素材でも、ロール状になっており、大面積の床に対して施工しやすくなっている商品がビニル床シートです。その特性から、長尺シートとも呼ばれます。メーター2000¥台から手に入るため、木質系のフローリングよりも安価な床材として選択されます。よく似ているけれでも、まったく異なるのが「リノリウム」です。リノリウムは、^ほとんどが天然素材からできており、材料の混合具合によって表面の色が決まるため、印刷できるビニル形の床材とはまったく性質が異なります。

まとめ

上に挙げた床材は、どれもがフローリングよりも安価な素材であるため、床材のVE(バリューエンジニアリング)案として使われることが多いかもしれません。掃除のしやすさ、汚れの定着しやすさなどには個々に違いがあるので、使う際には実際のサンプルを取り寄せることをオススメします。

口コミの最近記事

  1. 知っておきたい壁仕上げ【塗装編】

  2. こんなに沢山ある!水回りを快適にするタオルホルダーのデザイン

  3. イケア新シリーズ『METOT(メトード)』が開く新しいキッチンデザインの世界

  4. 【リノベーション】お風呂の床材、オススメはこれ

  5. 壁掛けテレビでスマートなリビングをつくるヒント

関連記事

PAGE TOP