インテリア資格、インテリアデザイナーニュース

  1. 口コミ
  2. 9 view

知っておきたい壁仕上げ【壁紙編】

interia

日本の住宅では、標準の壁仕上げになっている壁紙ですが、実はいろんな種類に分かれており、意匠性や性能が異なります。それぞれのクロスの特徴を知ることで、DIYやリノベーション、新築を考える際の予備知識として役立ててください。

1.ビニルクロス

マンションや賃貸、新築などでも、日本の住宅の壁仕上げでもっとも使われているのがこのビニルクロスです。塩化ビニールに、紙を裏打ちしてできています。価格が安く、また品質が安定していることから、仕上げ材のファーストチョイスとなっています。抗菌、耐湿、耐汚染など機能性を付与することで、シーンに応じた使い方ができるようになっています。

2.紙クロス

パルプなどの洋紙、またはケナフなどの非木材紙を原料とした壁紙です。印刷加工や、エンボス加工に優れ、パターン、柄、グラフィックに優れた壁紙が多いのが特徴。吸音性、透湿性に優れているため、室内環境にも優しい素材として注目を集めています。そのほとんどが輸入壁紙であり、花柄や個性的なパターンを施したものが多いです。施工には手間が掛かるため、ビニルクロスよりも施工費が高くなります。

変わったところでは、塗装仕上げの下地用クロスにも、紙クロスが用いられています。ホタテ貝の貝殻を使用しルナファーザーが有名です。天然素材のクロスであり、ウッドチップを混ぜ込んだもの。塩ビや可塑性の有害物質を含まない壁紙として、注目を集めています。上塗りの塗装は、重ね塗りすることで、長持ちするという特徴もあります。

3.織物クロス

麻や絹、レーヨンなどで作られるクロスです。「布クロス」とも呼ばれ、奥行きのある表情と、高級感を備えた壁紙です。住宅で使われるほか、ホテルや飲食店など、本物の質感を必要とする場所で使用されることが多いです。織物や、編み物、不織不布、フェルトなどによって、さまざまな表現が可能であり、通気性、透湿にすぐれた環境素材でもあります。反面、水を吸いやすく、汚れが吸着しやすい、継ぎ目が目立ちやすいなどのデメリットがあるのですが、近年では、撥水加工などを施した商品も出ており、改善されているようです。

4.その他

機能性を高めるために、いろいろな素材が壁紙に用いられるようになりました。身近なところでは、珪藻土クロス(壁紙の呼吸性能を高めたもの)や、本物の木を薄くスライスしたものを紙で裏打ちした「木質系壁紙」など、ビニルクロスの以外の選択肢も広がってきています。いずれも、自然素材、環境配慮型というのが一つのキーワードになっているでしょう。

まとめ

家の壁紙は、すべて同じにする必要はないんです。ここはこだわりたい!という希望を反映することが大事です。壁紙の種類・メーカーはとても多いですから、気になったものをサンプル請求して、実物を見てみるのがオススメです。

口コミの最近記事

  1. インテリアデザイナーの人気傾向

  2. インテリアデザイナーが気をつけるべき服装のポイント

  3. インテリアデザイナーが身につけるべき必要な能力

  4. インテリアデザイナーに必要な 知識

  5. インテリアデザイナーを目指す人が身につけるべきCAD技術

関連記事

インテリアデザイナー関連リンク

PAGE TOP