interia

窓の位置がポイントに!居心地の良いインテリアから考える「窓」を考察

口コミ

いえ作りでもっとも重要、かつ楽しいポイントは「窓の位置と大きさ」を決めることではないでしょうか。なにしろ、一度付けたら位置を変えることは本当に困難です。ただしく、快適な窓を作るには、幾つかのルールを守る必要があるのです。居心地の良いインテリアを作るとき、注意すべき窓のポイントとは?

ただ大きく窓を取ればいいというわけではない

明るいインテリアを作りたいがために、ついつい窓を大きく取りたい、という手段に傾きがちなケースがありますが、これはよくよく考えて決断しなければなりません。窓の大きさはもちろん明るさを確保するのに役立ちますが、同時に熱も取り入れることになります。特に西向きに大きな窓を設けるときは注意が必要です。夏の西日は、時にエアコンが効かなくなるくらい室内を暖めてしまうこともあるからです。窓には、方位によって適切な大きさがあります。もちろん、いえの外の環境にも拠るので、一概に室内の問題というわけではなく、部屋のうちと外、両方からの検討が必要になります。

窓と家具のレイアウトは一体に

インテリアから窓を考えるとき、家具と窓は大きく関係します。例えば、窓とテレビモニターは相性のよくないもののひとつ。テレビを置くと決まっている面には、なるべく窓を設けずに、家具を置くために壁面を残しておくほうがレイアウトに自由度が保たれるでしょう。また、窓の下に収納を設けたり、コンソール、キャビネットなどをおく時は、あらかじめ家具のサイズを検討しておくのがお勧めです。窓と家具のレイアウトがピッタリと嵌っていると、インテリアとしても美しいビジュアルになりますし、窓から得た採光を、キャビネット上に飾るお花や小物に導きやすくなります。

光と風を意識しよう

窓の本来の役割、それは光と風を室内に取り入れることです。室内に光と風を取り入れるポイントのひとつとして挙げたいのは、壁の入り墨に設ける縦長の窓です。ここから取り入れる光は、そのまま壁面を横から舐めるように入ってきます。壁には自然なグラデーションが生まれるため、目にも心地よい表情になるのです。また、部屋の角は風を取り入れるいいポイントであることも多いです。開口部をお部屋の対角線上に設けることで、風通しはグンとよくなりますし、その開口部に高低差があると対流効果も加わって、さらに風が抜けるようになります。風通しを向上させるためには、必ずしも大きな面積の開口部が必須というわけではないんですね。

まとめ

注意深く役割を考えてあげることで、風なのか光なのか、それとも景色なのか、その機能をはっきりとさせることができるでしょう。インテリアにピタリと嵌る窓を設けて、快適で居心地の良い生活を手に入れられること。それは新築してから、何十年ものあいだ、住空間に価値を変わらない価値をもたらしてくれると思いますよ。

インテリアデザイナー  インテリアデザイナー